FC2ブログ

Girl

映画
11 /12 2018
今年のカンヌのある視点部門に出品され、カメラ・ドール及び主演俳優賞を受賞した話題作。

girl.jpg 「GIRL」
Sortie : le 10 octobre 2018
De : Lukas Dhont
Avec : Victor Polster, Arieh Worthalter, Oliver Bodart, Tijmen Govaerts, Katelijne Damen ...

あらすじ 15歳のララはバレリーナのエトワールになるのが夢。父の後押しを受けて、最高のバレエ学校へ入学するが、慣れないトウシューズに苦しみ、体は思い通りに動かない。というのも、ララは男の体を持って生まれたのだった…。

トランスセクシュアルの子が主人公だということは最初から知っていたけど、映画の冒頭で、かわいいすらりとしたどう見ても完全に女の子なララが落ち着いた低い声を出すので軽く驚いてしまった。主演のヴィクトール・ポルステール君、ダンサーだそうですが、彼の受賞は「男優/女優賞」の区別がされなかったとか。バレエをやってる男の子は、腕の動きとか女性っぽいから、この役もそれほど無理なくできたのかもしれないけど、でもトウシューズは大変そう…。
批評家には絶賛されているこの映画、一方でトランスやLGBTの団体などからは非難されているようです。まあ、それも分かるような気がする。観ていてかなり辛い部分が多いし、外見の違いにこだわり過ぎているところが執拗に繰り返される。その上に、体の線が思いっきり出てしまうバレエダンサーという設定…。
父親をはじめ、ララの手術を準備する医者、カウンセラー、バレエ学校の先生や生徒たち、みんなが彼女を温かく見守り普通のこととして受け止めている辺り、さすがベルギー、進んでるって感じです。

ランキングバナー  ランキング参加中!

ラ・グランジュのビーチ

フランス国内
11 /09 2018
午後はいよいよ海水浴!何しろキャンプ場からビーチまで400mという立地。歩いても5分ぐらいだけど、すっかりチャリ生活に味を占めて、この距離でも乗っていく(笑)。それに、どこに行っても駐輪用のスタンドが設置されているのもいい。
…と張り切って出かけたものの。

re10.jpg
海がない…

ボルドーからいつも行く海辺はどんなに引き潮でも、ひたすら砂浜が続いているので構わないのだけど、ここは思いっきり岩場。

re9.jpg
何とか水のある所まで近づいてみても、ビーサンのまま足を浸けるのが精一杯。

この日、ちょうど午後4時ぐらいが干潮で、一番海が遠い時間帯に行ってしまったのでした。
それでも岸に近いところは浜辺なので、一応しばらく寝そべってみたけど、私は海に行ったら泳ぎたいので甲羅干しには興味がない。海に漬かれないとただ暑いだけだし。
で、早々に退散して帰ってビール飲みました…。

午後7時半ぐらいにどのぐらい潮が満ちてるか見に行ってみました。

re11.jpg
最初の写真は堤防の先っぽのところまで行って陸の方を見たところでしたが、その堤防の周りは一応水が来ています。

しかし、泳げるほど水深があるとは思えない…。
せっかく海に近いところに泊ったのに、ここでは海水浴は諦めざるを得ませんでした。満潮時に来れば少しは漬かれたかも知れないけど、朝あんまり海に行く気にならないんですよね。そこまで気温が高いわけでもないし。
もっとも、驚いたことに大西洋に突き出た島の先っぽだというのに、ジロンドやランドの海岸のような高波が全くないので、体感温度は高いかもしれません。

re12.jpg
キャンプ場の入り口から見える鐘楼。

村と反対(この写真で言うと背中の方)に行ったところにあるのがラ・グランジュ海岸でした。
浜辺にあるバーで日没とか見るにはいい場所ですが…。

ランキングバナー  ランキング参加中!

アルスのレストラン

フランス国内
11 /08 2018
マルシェの後は、お昼ごはんの場所を探して港の周りを見て回りましたが、これといったところがなく、教会のある広場へ。どこのお店もテラスはいっぱい。前の日に一杯飲むところを探していた時には、しょぼっとした常連しかいないカフェ風だった店Le Clocherも、打って変わって賑わっているので、改めてメニューを見てみたらなかなか良さそう。テラスにまだ空席があったので入ってみました。
このお店、コースのメニューは結構高めなのですが、お昼の一品はそれなりにお手ごろ。そもそも、アルスはレ島の中でもシックな村で、レストランはどこも高め。有名人が別荘を構えてたりするのもここ。レ島一の有名人といえば、元首相のリオネル・ジョスパンですが、この日ちょうど教会の前で立ち話をしているのを見かけました。やっぱりアルスに住んでいたか…。

re5.jpg
私はお魚。

re6.jpg
princeはお肉の煮込み(何だったか忘れた)。

付け合わせはもちろんレ島のイモ(笑)
このイモ、いわゆるプレサレでほんとにおいしい。値段もそれなりですが。
レ島のワインがグラスであったので、赤白それぞれ1杯ずつ頼んでみたら、赤はかなり変な味でしたが、白はおいしい!これは買いだな。

アルスは「フランスの最も美しい村」にも登録されていて、かわいい家が並んでいますが、夏の終わりで花が少なかったのが残念。初夏ならシャラントの名物とも言えるタチアオイが咲き乱れていたはずですが…。

re7.jpg
教会の広場にあるエピスリー。

夕方おつまみが欲しいね、と近所のスーパーに出かけてみたら日曜で閉まっていたので、自転車でぶらぶらこっちへ来てみたら開いていた!入ってみたら冷蔵庫に朝買い損ねたビールがあるのを発見。ちょっと高めだったけど、冷えていたからいいことにしよう(笑)

re8.jpg
帰ってすぐ飲めるし。

このブロンド、すごくうまい。変な苦みとかが全然なくて、素直な味がする。グイグイいくらでも飲めそう(笑)

ランキングバナー  ランキング参加中!

アルス・アン・レのマルシェ

フランス国内
11 /07 2018
レ島のバカンス、2日目はさっそく自転車を駆ってアルスのマルシェへ。レ島の村はどこでもマルシェが毎日のように開かれているのですが、このアルスのマルシェは島で最も美しいものの一つという評判。港のすぐ近くなので、前の日のように歩いてきてもよかったのですが、せっかく自転車あるし(笑)

marche1_20181110032033731.jpg
食料品の入る建物の周りにもたくさんのスタンド。

marche2_20181110032035c3a.jpg
店番のわんこ。

外のスタンドは日用品が多かったので、屋内を物色。

marche3_20181110032036021.jpg
レ島のビールを発見。

種類が6つぐらいあったので、アンブレとブランシュにブロンド、と頼んだのに、帰ってから見たらブランシュが2種類でブロンドがない(-_-;)
間違える方もひどいけど、受け取った時に気づかない私たちって…。

この日の晩ごはんに、まず牡蠣を1ダース購入。この為に牡蠣用ナイフも持参しました。

marche4_20181110032037288.jpg
もちろんレ島産。夏でも結構太っていておいしい。

もう一つのレ島名物は、AOCの付いているジャガイモ。グルナイユと呼ばれる小さいサイズが主流。もちろんそのままも売っていましたが、焼き鳥スタンドでその場で揚げたものを売っていたので、トリは買わずに(笑)イモだけ購入。鶏は1羽丸ごと買っても余ってしまうので、代わりにお肉屋さんでハムを買いました。1枚、2枚、と切ってもらって買えるので便利。

marche5_20181110032038b2d.jpg
野菜炒めと一緒に。

おいし~い。その場で熱々の時に食べた方がもちろんおいしかったけど、冷めてからでも十分ウマい。でも、おじさんに二人なら500gだね~、と大量に売られてしまったので、残って翌日にも食べました…。

ランキングバナー  ランキング参加中!

レ島到着

フランス国内
11 /06 2018
夏の旅行の話に戻ります。秋のバカンスから帰ってきたばっかりで、記憶が新しいうちにそっちの話を書いた方がいいような気もしますが(-_-;)
ラ・ロシェルを出てレ島へ向かうのには、橋を渡る必要があります。土曜日の午後、つまり一番混む時間帯にこの橋に向かってしまったのが失敗のもと。橋の手前に料金所があり、本土から島へ向かう時に16€(6月~9月料金、シーズンオフは半額)を払い、逆向きは無料なので、たくさん並んでいるブースはすべて島行き。ここまでは渋滞なく辿り着いたので、なんだ、余裕じゃーん、と思ったのも束の間。並んでいる列が進まないのでよく見てみると、料金所のバーが全部降りたまま動かない。えー、橋の上で事故でも…?と思いながら待っていたら、やっと動き始めた。ブースはたくさん並んでいても、その先の橋は1車線しかないので、料金を払った後の車が捌ききれず、そこで渋滞が起こっていたという訳。
この橋は2.9kmあり、海面から30mの高さ、かなりな大きさです。車は有料でも、徒歩や自転車で渡るのは無料。しかし、この高さの橋を自転車で登るのはかなり頑張らないといけないし、怖そう。夏場は自転車と一緒に乗れるバスもあるようです。



さて、レ島は小さい島だと思っていたのですが、実はかなり細長くて、南北は5kmしかないのに東西30kmもあります。いくらサイクリング天国と言っても、端から端まで自転車で回るのは大変なので、橋に近いラ・フロットに寄ってから宿泊地のアルス・アン・レに向かおうと思っていました。しかし、この様子では観光地は混んでいそうで、チェックイン時間に遅れそうだったので、必要な買物だけすることにして島のほぼ中央、サン・マルタンにあるスーパー、ルクレールへ。ここでも、駐車場は大混雑、スーパーの中も混み混み、やっとの思いで食料を調達して脱出。
アルスは島の先っぽの方にあるので、進むにしたがって車は減っていきます。予想外だったのは、道中ひたすら自然の中を走っていくこと。点在する村の部分は家がかたまっているけれど、その間は林とブドウ畑ばかり。今回選んだキャンプ場は、3泊で受け付けてくれ、しかもベッドメイクや掃除などホテル並みのサービス付きが選べ、おまけに滞在中のレンタサイクルも込みなのに、他のところよりも安いぐらいだったCamp du Soleil。こじんまりしたキャンプ場で、余計なイベント(カラオケ大会とか)がないのもいい(いや8月はあったのかもしれないが)。

re4.jpg
私たちのバンガロー。

一応家族4人まで泊まれるようになってるので、テラスのテーブルとか広々してますが、部屋はベッドがいっぱいいっぱいな大きさで、荷物を広げる場所などない。もう一つの部屋はシングルベッドが二つ入っていたので、その上を荷物置きにしていました。2人ならちょうどゆったり使える感じ。隣のバンガローとの間は生垣や大きな木が植わっていて、丸見えにならないのがいい。
キャンプ場はどこもそうですが、門限があって夜は出かけられないので、夕食前にアルスの村へ行ってみました。

re1.jpg
白黒の鐘楼が遠くからも目立つ教会。

港の方へ行ってみます。

re2.jpg
こういう抜群のロケーションにあるカフェのテラスで。

re3.jpg
さっそくビール!

ちょうどアペリティフな時間で、座って大分待ってからやっと聞きに来てくれました。あまりにも誰も来ないので、別の店に行こうかと思ったほど。まあ急いでいるわけじゃないからいいんですけど。バカンスだし。
ここまで来ると、橋の喧騒が嘘のように静かでした…。やっぱり9月なので、子供連れもいなくていい感じです。

ランキングバナー  ランキング参加中!