FC2ブログ

Monsieur(Sir)

映画
01 /18 2019
いわゆるボリウッドじゃないインド映画。

monsieur.jpg 「MONSIEUR」
Sortie : le 26 décembre 2018
De : Rohena Gera
Avec : Tillotama Shome, Vivek Gomber, Geetanjali Kulkarni, Rahul Vohra, Divya Seth Shah ...
あらすじ ムンバイの富裕層の息子アシュウィンの家で家政婦として働くラトゥナ。何もかも恵まれているように見えるアシュウィンが、実は自分の夢を捨てて父の仕事を手伝っていることをラトゥナは察している。彼女は家族の為に学業を諦めて働いているが、自分のやりたいことを諦めた訳ではない。全く違う世界に生きる二人が、日々のやり取りの中でやがてお互いを理解し合ってゆく…。

21世紀のこの世の中、西洋諸国ではもうなかなかお目にかかれない「身分違いの恋」というシチュエーション。インドだってムンバイはニューヨークや上海のような高層ビルが林立する大都会なのに、依然として存在するカースト制度。そこに暮らすアメリカ帰りのアシュウィンは自分とラトゥナを隔てるものになじめないし、田舎育ちのラトゥナは伝統や風習から自由になり切れない。
新しい道を切り開いていこうとする逞しいラトゥナと、固定観念に縛られないアシュウィンの2人が清々しい佳作。
インドのピトレスクな映像もちょっぴり挟んで、なかなか見どころの多い映画になっています。しかし、ラトゥナが作る料理のおいしそうなこと…。特に、アメリカナイズされたご主人様用じゃなくて、自分用のタリーが(笑)

ランキングバナー  ランキング参加中!

トゥール散策

フランス国内
01 /17 2019
トゥールには昔、友達とシャンボール城へ行った時にちょっと立ち寄っただけで、私は街を歩くのは初めて。princeも覚えてないぐらい昔に来たことしかないけど、コロンバージュの家がたくさんあった、と言っていた。
確かに、サン・マルタン聖堂から北側の歴史的地区に入ると、そこかしこに木組みの家が。

tours8.jpg
ここも、スレートが貼り付けられたタイプ。

tours9.jpg
大抵はレストランになっている。

tours11.jpg
カフェが立ち並ぶプリュムロー広場

日の当たっているところは、テラスでビールを飲む若者がたくさん。

tours10.jpg

私たちは寒かったのでお店に入ってカフェを飲みましたが、テラスはいっぱいなのに、中は誰もいない(笑)

tours12.jpg
ロワール河を見に行ってみました。

向こう岸ではなく、中州が見えています。結構川幅がありますが、下流の方を眺めると明らかに水が少ない。2018年は記録的に雨が少なかったからなあ。ロワールのような大河でも水量が減っているんですね。

ランキングバナー ランキング参加中!

サン・マルタン聖堂

フランス国内
01 /16 2019
トゥール散策、まずはマルシェのすぐ近くにあるサン・マルタン聖堂から。

stmartin1.jpg
Basilique Saint Martin de Tours

現存する建物は19世紀の終わりから20世紀にかけて建てられたネオ・ビザンチン様式のこじんまりした教会ですが、中世には巨大な聖堂が建っていたらしい。

どんなのかと言うと
stmartin2.jpg
パンで作られた模型が中にありました(笑)

製パン学校の生徒が作ったらしいです。
当時の建物で残っているのは
stmartin3.jpg
Tour de l'Horloge(時計台)

正面の鐘楼に当たる部分と

stmartin4.jpg
Tour Charlemagne(シャルルマーニュ塔)

横の部分の塔のみ。この塔は現在の教会の道を挟んだ隣にあります。18世紀の初めに聖堂だった場所を、時計台の写真に写っている道が貫く格好になっています。

stmartin5.jpg
現在の聖堂はシンプルな感じ。

stmartin6.jpg
トゥッサンの菊が中にも飾ってありました。

ランキングバナー ランキング参加中!

トゥールのビストロ

フランス国内
01 /14 2019
どこの街でもマルシェの近くには安くておいしい店が多いので、どこが良いか分からなければとりあえずマルシェに行ってみて、その辺りで混んでいる店に行けばまず外れはありません。私は今回、前もってネットで探して当たりをつけておいたけれど、やっぱり実際に行ってみて表に出ているメニューを吟味するのも大事。今日のメニューが自分の好みに合うかどうかもあるし。
トゥールのマルシェLes Halles de Toursは、外から見るとえ゛?というようなぱっとしない建物ですが(笑)、中はたくさんのお店が入っていました。晩ごはんに何かいいものはないかなとマルシェをぐるっと見て回ったけど、要冷蔵だと持って歩けないので結局何も買わず。
お昼にはマルシェの横にあるLe bistrot des hallesへ。外から見たらいっぱいで、空席なしかも?と焦りましたが、2階にもホールがあってそちらへ案内されました。良かった!上の階はテーブル間隔もゆったりしていていい感じです。
さて、お昼のメニューは、前菜+メインまたはメイン+デザートで17,50€。

tours4.jpg tours5.jpg
私はカボチャのスープ、princeのテリーヌは…何だったかな(-_-;)

このスープ、カプチーノのムースが乗っていて、これが意外な組み合わせだけどおいしい。なんてことないスープをガストロっぽく変化させるアイデア。

tours6.jpg
私のメインは、鯛のフィレ赤ワインソース。

tours7.jpg
princeはテット・ドゥ・ヴォー(仔牛の頭)!

ビストロで鯛と言うと、丸焼きなことが殆どですが、この繊細な盛り付け!そして骨など1本もない丁寧なおろしぶり。このお店、厨房が2階にあるとみえて、シェフ自らお皿を持ってきてくれたのですが、豪快そうなでっぷり太ったおじちゃんがこんな丁寧なお魚料理を作るとは思わなかった(失礼)。
テット・ドゥ・ヴォーも、野菜がたくさん入ってポトフ風の健康的な感じ。味付けもさることながら、バランスのいいお料理を出してくれるお店はポイント高いですね。



さて、これで元気に観光に出発!

ランキングバナー ランキング参加中!

レンヌからトゥールへ

フランス国内
01 /13 2019
秋のバカンス、4日目の朝レンヌを出発。この日は比較的ゆっくりで9時半ぐらいの便、しかも駅はホテルの目の前なのですごい余裕(笑)
フランスの交通網はすべてパリを中心に作られているので、パリに向かうのは簡単ですが、地方から地方への移動は距離の割に時間がかかる。で、レンヌからは一旦パリ行きのTGVでル・マンまで行き、ここでトゥール行きのIntercitéアンテルシテ(中距離特急)に乗り換え。乗り換え時間が20分ほどしかなかったので、遅れたら面倒だなと思っていたけど、ちゃんと定刻に着いたうえ、同じホームの向かい側に次の電車が到着と、便利な乗り継ぎになっていました。結構たくさんの人がホームで待っていたのに、やってきたのは僅か2両の電車。アンテルシテは座席指定がないので、こんなのでみんな座れるのかしらと心配したけど、乗り込んでみたら特に立っているような人はいなかった。それに、TGVよりも荷物置き場もたくさんあるし天井も高くてゆったり快適(笑)
12時前にトゥール駅到着。この日の宿は、駅の横からずらりと線路沿いに並ぶホテルの一番端にあるAdagio acces Tours。アダージオは私が何かとよく利用するアパートホテルです。トゥールは1泊だけなので特にキッチン付きを探していた訳ではなかったのだけど、私が予約した時で40€ぐらいと破格に安かった。すぐお隣にあるイビス・バジェットよりも安かったので、即決。スーパーもすぐ近くにあって大変便利でした。
荷物を置いて、さっそくお昼ごはんの場所を探しに出かけます。

tours1.jpg
トゥール駅正面。

ホテルが並んでいるのは、この左手。近代建築なので、防音などは割としっかりしていると思います。ただ、利用者のコメントを見ると、線路に面した部屋だと電車の音が煩いと書いている人が多かったので、私は道路側の部屋を希望しておきました。
トゥールはパリからボルドーの中間にあるので、電車でも車でも数限りなく通っていますが、TGVはここではなく5分ほど離れたサン・ピエール・デ・コール駅に止まります。トゥールは駅が街の中心にあるので、ここに拡張するのは難しかったんでしょうね。
この駅のすぐ向かいに観光案内所があり、広い道を西に向かって歩いていくとすぐに市役所があります。

tours2.jpg
Hôtel de Ville

tours3.jpg
前の広場の植栽。

トゥッサンなので菊がたくさん使ってありますが、色合いがハロウィンぽくてかわいい。同じ菊が建物の窓辺にも飾られていますが、面白い形だなあと思って近寄ってみたら、下に向かって垂れ下がる形に茎を誘引して作ってありました。そうすると下の方の枝(見た目は上)から順番に咲いていくので段々花の位置が進んでいく…、いいなあ、これ、やってみたい。でも難しそう…。
アップで写真撮ればよかった。

広いまっすぐな道に大きい立派な並木が並んでいて、雰囲気がヴェルサイユに似てます。やっぱり王様が住んだ街だなあ。
おいしいお店が周りにありそうなマルシェへ向かって歩いていきます。

ランキングバナー ランキング参加中!