FC2ブログ

キューケンホフ(5)

オランダ
05 /23 2019
温室を出て、池の反対側へ。 
背の低い小さな花なので、まだクロッカスが咲いてるのかな?と名前を見たらこれもチューリップ。

kkh44.jpg
Tulipa 'Hilde'

あっさりしていてかわいい。

kkh45.jpg
ほのかな桜色の木々とチューリップの鮮やかな色合い。

kkh46.jpg
上手くアングルが決まらない~。

kkh47.jpg
こういうシンプルなのもいいですね。

最後にJuliana館のある所へ来ました。ここはチューリップに関する色んな情報が展示されているミニ博物館みたい。

kkh49.jpg
建物の入り口にあった花壇に植えられていたもので、名前がないからなんだか分からないのですが(-_-;)
桜っぽい色合いが素敵だな。

kkh48.jpg
このゾーンは起伏のある地形にナチュラルなデザインで花が配された、風景全体を楽しむ感じ。

kkh50.jpg
Tulipa 'Lilac Wonder'

草も生えてるし、花壇でもない場所に植えっぱなしでほったらかされているような風情だけど、かわいいなあ~、と思ったら別の場所にはちゃんと名前付きでありました。'Hilde'と同じく、クレタ島原産の野生種らしい。いいなあ、うちの庭にも植えたい。だけど、小さいからたくさん群生させないときれいに見えないよね…。

kkh51.jpg
キューケンホフに来た人必ずみんなが撮っているであろうムスカリの川。

でもちょっと終わりかけな感じで、紫の色が濃くない…、残念。

音楽が聞こえてくる方へ行ってみると、噴水のある広場に出てきました。

kkh52.jpg
演奏の主は巨大な自動オルガンでした。

kkh53.jpg
後ろから見たところ。楽譜がたくさん並べてあります。

kkh54.jpg
おっ、これはカウ・パレードの牛。

という訳で、メインエントランスまで戻ってきました。ぐるりと全部回って約4時間。休憩も短かったので、かなり歩いた~って感じです。

kkh55.jpgお名残り惜しい…。

バス停へ向かってみると、うわー、すっごーい列!まあ、朝来た人がみんな帰る時間だもんね(笑)
しかし、ここでもやっぱりスキポール行きの人が多かったみたいで、ライデンはそれほど多くなかったうえ、ライデン行きのバスばかりが3台も続けてやってきたので、殆ど待たずに乗れ、しかも座れました。一応時刻表を見て行ったのだけど、かなり増発されていたのであまり関係なさそうです。

kkh56.jpg
バスから最後の畑。

ほんとはもっとばばーんと見えたところもあったんだけど、かなり高速で走っていたし、構えてなかったので逃しました。
いつかは一度キューケンホフに来たいと思っていたのだけど、また何度でも来たい…。

ランキングバナー ランキング参加中!

キューケンホフ(4)

オランダ
05 /22 2019
お昼ごはんの後は、池の周りを見て回ります。

kkh34.jpg
切り株をそのまま残して作られた彫刻。

kkh37.jpg
Tulipa 'Synaeda Blue'

kkh36.jpg
赤紫に白い縁が映えてきれいなんですが、なぜブルー?

kkh35.jpg
ハスキーにはこの天気でも暑いのか、ベンチの影で休憩中。

池伝いに公園の真ん中まで戻り、ここにある巨大な温室Willem-Alexanderの中へ。

kkh38.jpg
この中は1m四方ぐらいに区切られた区画ごとに様々な品種が展示されているさながら見本市。

kkh39.jpg
これが、ぜーーーんぶ、チューリップ!とてもじゃないけど、全部は見れない。

中は格段に暖かいので、終わって花が刈り取られているものも結構ありました。

kkh40.jpg
ヒガンバナみたいな細い花びらの 'TL14'

kkh41.jpg
この淡いピンクはすごく素敵。'Lasergame'

kkh42.jpg
もはやチューリップに見えません。'White Star'

kkh43.jpg
ここにも終わってる花が…、と近寄ってよく見たら緑の花びらだった。'Green Power'

珍しい形の花にはつい目がいくので、写真を撮ってしまうのですが、こうやってたくさん見ると、やっぱり私は丸っこい一筆書きで描けそうなザ・チューリップ、トライアンフ系が好きだな。

ランキングバナー ランキング参加中!

キューケンホフ(3)

オランダ
05 /21 2019
次のゾーンは、同じ品種を大量に幾何学模様にきっちり並べてあり、カラフルな絨毯のよう。品種名の札が立っているので、お気に入りの名前をチェックすることもできます。

kkh22.jpg
このシャーベットのような色、かなり好み!しかし残念ながら名前が見当たらず。

このゾーンでは、みんな芝生に座り込んで写真を撮りまくっていましたが、おっきいわんこ連れのご夫婦、わんこに伏せを命じて動かないのよ、と言っているので何するんだろう、と見てたら、

kkh23.jpg
チューリップの向こうからわんこ撮影。

どっちか一人がわんこと一緒にポーズすればいいと思うんですが(笑)
わんこちゃん、賢くじっとしてました。

kkh24.jpg
Tulipa 'Tarafa'

kkh25.jpg
水仙も場所によってはまだキレイに咲いていました。

kkh26.jpg
ムスカリもこんな色々あるんですねー。

手前のツートンカラーの'Helena'がかわいい。

kkh27.jpg
この辺に来ると、大木と池の間に花壇が配されたイギリス庭園っぽい感じ。

木はまだほとんど葉が出ていないのですが、これだけ大きいと枝だけでもかなりの影になります。この日風があったので、日陰になっているこの辺り、かなり寒かった。

kkh29.jpg
どこを見ても綺麗すぎる。

kkh28.jpg Tulipa 'Pink Impression'

kkh30.jpg
Tulipa 'Orange Toronto'+Fritillaria persica 'Purple Dynamic'

kkh31.jpg
この辺りは結構まだ蕾のチューリップがありました。

ヒヤシンスがまだきれいだものね。そういえば、オランダに行く少し前にテレビのニュース番組でキューケンホフの紹介をしていたのですが、この気が遠くなる数のヒヤシンスの花1本1本に支柱を立てていた。うちではすぐに倒れるのはなんでだろうと思っていたら、倒れるのが当たり前なのね(笑)

kkh32.jpg
この眺めの前にあるカフェテリアWilhelmina、混んでいたけれど結構広いのでチャレンジ。割と回転が速いので、トレーを持って探してもすぐ座れました。席取りをしてから買いに行っている人も多かったけど。

kkh33.jpg
サンドイッチとスープで素早く済ませました。

ここまででやっと半分来たかな、という感じ。

ランキングバナー ランキング参加中!

キューケンホフ(2)

オランダ
05 /20 2019
キューケンホフには、動物もいます。

kkh12.jpg
ブチ柄のミニブタちゃんたち。

子供たちが動物と触れ合って喜んでいるのは万国共通ですね。

公園の横は広大なチューリップ畑になっていて、眺めるための展望スペースもあります。

kkh14.jpg
デザインされた公園内のチューリップも素敵なんだけど、視界一杯に広がる畑を前にした時の感動は何とも言えない。

軽食を売るスタンドもあります。

kkh13.jpg
フリット屋台。食べなかったので分かりませんが、ベルギーと同じようにおいしいのかなあ。

kkh17.jpg
こちらはチューリップ畑を見晴らす場所にある温室カフェ。

各テーブルにはやかんに入れられたお花が。

kkh15.jpg
このピンクはヒヤシンスかな。手前の水仙はもう終わりかけ。残念。

kkh16.jpg
オランダ名物、水車もあります。

登れるようになっていましたが、結構並んでいたのでパス。

kkh18.jpg
スノーフレーク、かわいい!

っと思って撮ったらピンボケ

水車の向こうは水仙が野生的な感じに植えられているゾーンで、自然の山の中を散策しているような雰囲気。

kkh19.jpg
古い車を使った面白いガーデニング。

kkh20.jpg
またカラフルな畑が見えます。

kkh21.jpg
おお、これはソメイヨシノっぽい!

このナチュラルゾーンが終わったところにあるBeatrixパヴィリオンは、ランとアンセリウムの展示。
私あんまりランが好きじゃないので、ササっと見て出てきました。
各パヴィリオンにはレストランが併設されているのですが、ここにあったのはサンドイッチなどの軽食だけ、しかも食べるスペースは外。そろそろお腹も空いてきたけど、風があって結構寒かったので、外で食べるのはちょっとなー、ともう少し進んでみることにします。

ランキングバナー ランキング参加中!

キューケンホフ(1)

オランダ
05 /19 2019
今回のオランダ行き、最大の目的はもちろん憧れのキューケンホフ公園。デン・ハーグからライデンまで電車で行き、そこからバスに乗って行きました。キューケンホフのサイトで交通費込みの前売りチケットを購入して行く方が、並ばずに済むしお得で良い、とたくさんの方がお勧めしていたし、サイトにもそう書いてあります。確かにバス+入場券は割引になっているのでお得。しかし、電車+バス+入場券の場合、アムステルダムからはお得なのかもしれませんが、デン・ハーグからライデンは近いので、電車の切符を別に買った方が安かったです。
アムステルダムからスキポール経由で来る人が圧倒的に多いので、バスも長蛇の列らしいですが、ライデンからはそんなこともなく、すぐ乗れました。

kkh1.jpg
バスからもこんな景色が見えて、既に気分が盛り上がります。

30分ほどで到着。駐車場の夥しい車、バスの数に驚きつつ、入り口のすぐ前に降ろされて、公共交通機関利用の特権を味わう(笑)

kkh2.jpg
おお、すごい人!

と思ったけど、殆どの人が既にチケットを手にしていて、入り口の係員がスイスイとスキャンしていたので何のことはなく、すぐ入れました。いやあ、オランダ人てきぱきしてるわ(笑)
入ってすぐのところで配っている地図をもらって、さっそく散策、いや大撮影大会(笑)

kkh3.jpg
色とりどりなのに、調和のとれたトーン。

kkh4.jpg
春限定の公園なので、桜もたくさん植えてあります。

kkh5.jpg
これは日本の八重桜みたい。

kkh6.jpg
好きな色合いの組み合わせ。

kkh7.jpg
パイナップルみたいなユリFritillaria imperialis。

人がたくさん集まっている台に登ってみました。

kkh8.jpg
キューケンホフの写真に必ず出てくる花の絵でした。

台の高さの割に大きすぎるので、イマイチ見にくいし、全部写真に入らない~。
この絵の横にあるパビリオンOranje Nassauに入ってみます。
切り花で色んな品種のバラがずらり。しかし、これだけバラがあるのにちっともバラの香りがしない。切り花だからかもしれないけど。
真っ赤なバラばかりを集めたスタンドで、一番きれいだと思ったのがこれ。

kkh9.jpg
´Million Reasons´

kkh10.jpg
車を使った大掛かりなアレンジ。

kkh11.jpg
シックで素敵なアレンジ。

英語で説明しながらデモンストレーションもやっていましたが、その人の周りに置いてあるアレンジはなんだかイマイチ(失礼)だったので、すぐに去りました(笑)

まだまだ見るものはたくさんあります。

ランキングバナー ランキング参加中!