FC2ブログ

Le Bordeaux Gordon Ramsay

グルメ
10 /28 2018
結婚記念日に、ゴードン・ラムゼイのブラッスリーに行ってきました!
グラン・テアトルのお向かいにあるLe Grand Hôtel(どっちも芸のない呼び方ですね、現在はインターコンチネンタルになっています)、ここのメインダイニングLe Pressoir d'Argentは2つ星を取っていてお値段もそれなりですが、ブラッスリーLe Bordeauxの方は手の届く値段。しかも、前はお昼だけだったコースメニューが夜も食べられるようになったので、更に気軽になりました。

そのうえ、なんと言ってもこのロケーション。

lebordeaux8.jpg
ブラッスリー上階からの眺め。

予約の時に、特別なディナーですか?と聞かれたので、結婚記念日です~、と言ったらこんな特等席にしてもらえました。
メインレストランよりこっちの方がいい場所にある(笑)
このホテルもグラン・テアトルと同じヴィクトール・ルイの設計なので、統一感がありますね。

さて、お料理は予定通り前菜+メイン+デザート=39€のコースで。

lebordeaux1.jpg
ワインはClarendelle inspiré par Haut-Brion 2014

これって、シャトー・オー・ブリヨンの?とソムリエさんに聞いたら、オー・ブリヨンで不適格とされたブドウを使っているとのこと。AOCぺサックでもグラーヴでもなくボルドーなので、オーナー会社のクラランス・ディロン・ワインズが持つメドックやサンテミリオンなど他の畑からのブドウも合わせて使われているようです。やはり力強さには欠けますが、飲みやすくバランスのいい味わい。
ワインが来るのを待っていたら、突き出しのグージェールを食べる前にもう前菜が来てしまった。早い!でもちゃんと置いたままにしておいてくれました(笑)
このグージェールがまたおいしくって。中にチーズクリームが詰められていて、リッチな味わい。1個しかなくてよかった~、こんなの何個もあったらお腹いっぱいになってしまう(いや、食べなきゃいいんですが)。

lebordeaux2.jpg
前菜はサーモンのグラヴラックスとカリフラワーのムースリーヌと

lebordeaux3.jpg
パセリ入りハムのテリーヌとピカリリー

このサーモンはすごい。今までに食べたグラヴラックスと全然違う!!!もっちりと弾力があって凝縮された味。ムースリーヌがすごくちょびっとしか乗ってなかったのですが、サーモンだけで十分おいしいので邪魔されなくていいって感じ。ま、そこまで計算された量なんでしょうけど(笑)
テリーヌもおいしかったけど、サーモンのインパクトに比べると普通かな~。でもピカリリーってイギリス料理だよね。その辺ゴードン。

lebordeaux4.jpg
メインは二人とも牛頬肉とパネのピュレ、グレモラータ添え

上に乗っているのもパネを素揚げしたものだと思います。グレモラータというのは横に添えてあるソースで、本来はパセリ、ニンニク、レモンで作られるイタリアンのソースですが、ミントが入っていたと思う。ナイフが要らないぐらいよく煮込まれていて、これは正統フランスのブラッスリー料理って感じ。でも牛肉にミントソースを添えるのはやっぱりイギリス風な気がする。上からではよく見えませんが、お皿がボウル状になっていて、お肉の塊が実はとてもデカかった…。

アラカルトも基本はブラッスリー料理なんですが、ゴードン色を出すためにフィッシュ&チップスもあります(笑)

lebordeaux5.jpg
デザートは、レモンのタルトと

lebordeaux7.jpg
マンゴーとパッションフルーツのチーズケーキ!

ネットでこのタルトの写真を見て、絶対これは頼まねばと思っていた(笑)。実は私、レモンのタルトは好きですが、メレンゲが好きではない。でもこの麗しいタルトはぜひ実物を拝んでみたくて。食べてみても、レモンの酸味がかなり効いているので、メレンゲと一緒に食べるとまろやかになっておいしかったです。でもかなり濃厚で、見た目よりボリュームありました。
逆にチーズケーキは、大きさの割にあっさりしていてパクパク食べれた。半分こしようね、と言って途中でお皿を交換して食べていたら、サービスのお姉さんにあら~、交換したのね!とチェック入れられました(笑)

いやいや、満足。メニューの内容、季節によって替わるのかな?また違うものも食べてみたいです。

lebordeaux9.jpg
表のテラスには本物の暖炉が。

しかし、あまりにも寒くて誰も座ってませんでした(笑)



ランキングバナー ランキング参加中!

全部おまかせ

グルメ
09 /24 2018
誕生日当日は、前から評判を耳にしていたレストランNamaに行ってきました。
お料理は基本フレンチで、和食を取り入れたフュージョン、ここまでは結構よくあるパターン。変わっているのはメニューがおまかせのみ、つまり何が出てくるか分からないところ。前菜+メイン+デザート=36€の基本コースに、+2つ目の前菜(39€)、さらに+2つ目メイン(49€)と品数を選ぶだけ。ワインはリストがあるのですが、何を食べるのかわからないので選びようがありません。したがって、こちらもおまかせ3杯(24€)にする人が多かったようです。

nama1.jpg
さっそく突き出しと1杯目の白ワイン。

お料理もワインも、説明は後です。まず味わって、何が入ってるか考えてみてくださいとのこと。
これは簡単。ムールと大根。味付けはポン酢風。ワインはイタリアのものでした。

nama2.jpg
まず最初の前菜。

マグロのお刺身にキュウリ、トマト、パプリカなど。ソースは何かわからなかったのだけど、玉ねぎやオレンジジュースにタバスコの入ったピリッとするもので、とってもおいしかった。パンがまたすっごくおいしくて、思わずどこで仕入れてるんですか?と聞いてしまいましたが、残念ながらボルドーではないとのこと。ああ、買いに行きたかったのに~。

nama3.jpg
princeは4皿のコースにしたので、2つ目の前菜。

かぼちゃのポタージュに真ん中は鶏ハム。オクラやレンコンの乗っかった結構ボリューミーな1品。最初の前菜の時には4品でも良かったかな~、と思ったけど3品にしておいてよかった。ここで彼には2杯目の赤ワインがやってきましたが、何か聞き忘れました(-_-;)

nama4.jpg
メインは低温調理された豚のロティ。

付け合わせはキノア、カリフラワー、サツマイモのピュレ、大根の炊いたんもありました。上にかかっているのは黒オリーヴを細かくしたもの。これオリーヴの味だよ!と言う私に、ええ~、そうかな~、と疑っていたprince。説明されて、ほらねー、と言ったらよく分かりましたね、と褒めてもらった
ここで出てきた赤ワインは、2人とも絶対ボルドー、というのは分かったけど、それ以上は分からない(笑)
グラーヴの南の方、貴腐ワインのバルザックを作っているところの赤でした。

nama5.jpg
最後のデザートは、アイスクリームと軽いチョコケーキ。

殆どアイスがメインという分量で、フランス人的には絶対物足りない。それに、このココア味のスポンジ、ほとんどシフォンケーキのような軽さ。私でももうちょっと食べれるというぐらい(笑)
ここで出てきた私の3杯目はスパークリング。デザートワインの定番、甘口だったら嫌だなー、と思っていたので嬉しい。そうか、シャンパーニュもありだもんな、と思いつつ飲んでみると、結構甘くて、シャンパーニュではない。なんだろう、これ、飲んだことない。イタリア辺りに在りそうな軽いワインかな、と聞いてみると、なんと、日本酒!松竹梅白壁蔵が出している「澪」でした!松竹梅は伏見のお酒ですが、白壁蔵は灘で作っているんですね。地元だけど知らなかったなあ…、日本酒の市場は焼酎に押されてしまっているので、こういう新製品で巻き返しを図っているんでしょうね、いや、驚いた!

という訳で、お料理は日本人の私には驚きはなくて、むしろ馴染みやすい感じだけど、ワインは色々新しい発見がありました。ここのオーナーさん、元はワインのネゴシアンだったそうなので、幅広く色んなものを紹介するというスタイルのようです。これ、何が入ってるのかなー、と言いながら食べるのもゲームみたいで楽しい。でも口で説明するだけじゃなく、後で書いたものを見せてもらえるともっといいかも。



ランキングバナー  ランキング参加中!

人気のお寿司屋さん

グルメ
06 /19 2018
princeの誕生日に、前から行ってみたかったお寿司屋さんに行くことにしました。オーナーは違うけど、シェフは日本人なので、ちゃんとしたお寿司が食べられるという噂。週末に前を通りかかったら遅い時間でもたくさんの人だったので、平日でもしっかり予約。
単品もいろいろありますが、初めてなので色々食べられるデギュスタシオンコース(38€)で。

maruya1.jpg
先付けは牛肉のたたき風?、エビとわかめの和え物、ホタテの刺身海苔ソース。

エビの上に乗っているワカメがコリコリしてうまい。こんな緑の海藻売ってるのを見たことないけど、ブルターニュとかから来るのかしら。ホタテも口の中でとろける。
暑かったし、ワインはハーフがなかったのでビールで。

maruya2.jpg
前菜はマグロと生野菜のゆずソース。

これはかなり酢が利いていてすっぱい!だしで割ったりしてほしかった。カリフラワー生で食べたの初めてですが、生だとあんまり味がしないのね。ポリポリした食感が面白い。

maruya3.jpg
揚げ物はエビ。

揚げたてさくさく。マヨソースでなんか懐かしい味わい。見た目よりもずっと軽く食べられました。

maruya4.jpg
寿司の盛り合わせ

程よい大きさのお寿司。やっぱり日本人が握ってると酢飯がちがう。でもわさびは横に付いてました。

maruya5.jpg
メインは鴨とサツマイモのピュレ。

緑のは柚子胡椒だったかな。これはほとんど和食じゃないけどおいしかった。

どれもちょうど良い量で、おなかも程好くいっぱい。メニューだけ見たときは多そうな気がしてちょっと怯みましたが、しっかり平らげました。

maruya6.jpg
デザートは、ほうじ茶のパンナコッタと、抹茶ティラミス。

パンナコッタおいしかった!ティラミスの方は結構ヘビーでした。どちらもお茶の風味は控えめで、仄かに分かる感じ。私は抹茶系のデザートは苦いぐらいのが食べたいので、ちょっと物足りない。でもフランス人には苦手な人も多いみたいなので、仕方ないか。

今度は何人かで単品を色々食べてみたいなー。
でも狭いお店なので、週末や、4人以上なら予約必須です。



ランキングバナー ランキング参加中!

ガロンヌ川沿いのレストラン

グルメ
05 /11 2018
すごくいいお天気だったので、ガロンヌ川に面したレストランにランチに行ってみました。ボルドー市内にも右岸にお店がいろいろできていて、ボルドーの美しい街並みを正面に見られるので特に夜は人気のようですが、いささか観光客向けな感じ。ちゃんとおいしいところがいいなあ、とはるか昔に友達に連れて行ってもらったお店に行ってみようと思ったのだけど、場所をうろ覚え。多分ここだろうとあたりをつけたのが、ガロンヌ川を遡ったカンブランヌ・エ・メナックという町にあるLa Maison du Fleuve。うちから車で渋滞がなければ30分足らずですが、右岸に渡ってしばらく行くとあっという間に田舎の景色で、遠足気分を味わえます。車がないと絶対来れない場所なので、駐車場完備。車を停めてお店の入り口に向かっていくと…。

fleuve1_20180517072934c32.jpg
やや、あのクロコには見覚えが。

市庁舎の庭の池にいたアレじゃないですか~。jardindelamairie.jpg

こんなところに飼われていたとは。しかし間近で見るとでかい。
この入り口を入ったところすぐもテラスになっていて、流木でできたいすが置いてあったり。

fleuve2_2018051707293549c.jpg

さて、中に入ると、連休中のせいか広いテラスはほとんど満席!

fleuve3_20180517072936d7f.jpg
予約して行ったので、この一番川沿いの眺めのいい席に案内されました。

fleuve4_2018051707293825c.jpg
このお店、クルーズとセットになったプランもやっていて、専用の桟橋があります。

車がなくても、こうやってボルドー市内から直接来れるようになっているのは、観光客にはありがたいですね。

さて、ランチメニューは平日のみで前菜+メイン+デザート=18,50€。メインはお肉かお魚を選べます。

fleuve5_20180517072938fd0.jpg
前菜はタンドリーチキンのラップサンド。

結構ピリ辛でおいしいんだけど、これだけでお腹いっぱい気味(-_-;)。チキンの他にパプリカと白菜が巻かれていました。

fleuve6_20180517072940f8a.jpg
メインはボラのクリームソース。

付け合わせはリゾット、ほうれん草のピュレ、アーティチョーク、きぬさや。お肉は仔牛の煮込みだったかな。お魚にボラがあるのは珍しい。しっとりしておいしかった。

fleuve7_2018051707294113f.jpg
デザートは洋ナシとアーモンドのタルトレット。

これがまた結構なボリューム、しっかり甘い基本のフランス菓子でさすがにギブアップ。前菜あんなにボリュームなくていいから、スモークサーモンとかだったらもっと良かったのにな。

満席で、そんなにたくさんサービスのスタッフがいるわけでもないのに、きちんと目配りされていて、全然待たされませんでした。別に急いでいるわけじゃないけど、結構こういうのってお店の姿勢として大事だと思う。束の間のバカンス気分、気持よく過ごせました。



ランキングバナー ランキング参加中!

アスナさんのチョコレート

グルメ
02 /14 2018
今年のバレンタインは、前から買ってみようと思っていたHasnaâ Chocolats Grands Crusで。
このお店、2012年のMasterChef(お料理番組)に参加していたボルドー在住のアスナ・フェレラさんがショコラティエに転向して開いたもので、最近人気のお店が続々できているラ・ヴィエイユ・トゥール通りに2軒目のブティックができたのが2016年。以来コンクールで最優秀賞を取ったり、サロン・デュ・ショコラにも出展してすっかり人気ショコラティエの仲間入り。パリにも取り扱っているお店ができているようです。

hasnaa.jpg 9個入り詰め合わせ(10€)

お店に並んでいるガナッシュ・プラリネから好きなものを選べます。たくさん種類があって迷ったけど、気が付いたら全部ブラックで、ミルクチョコは一つも入ってなかった(笑)
しかし粒が小さい…。割とひとつが大きめなショコラティエが多いけど、ここのはほんとに一口サイズ。すごく繊細な味わいで、納得のおいしさですが、ちょっと物足りないかも~。甘味とかチョコ以外の味は控えめで、カカオの味が前面に出ている感じです。
たくさん食べたい人にはタブレットとかバータイプのほうがいいかも。文句なしに、ボルドーで一番おいしいショコラティエだと思います!

bouquet_20180219095156364.jpg
今年princeが買ってきてくれたのは、見事に深紅の花ばかりが入った珍しいブーケ。

こんな色のユリもあるんですね~、きれい。



ランキングバナー ランキング参加中!