fc2ブログ

Chocolaterie Ganache

グルメ
02 /14 2024
今年のバレンタインチョコは、2年前にできたショコラトリーGanacheで買ってみました。お店ができた当初にローカル新聞で紹介されているのを見て、ずっと行ってみたいと思っていたんですが、このお店、レストラン&ショコラトリーという一風変わったお店で、レストランがずらずら立ち並ぶサン・レミ通りにある。うちから歩いていくにはちょっと距離があるので、お天気が悪かったりすると行く気になれず(笑)。去年のパリのサロン・ド・ショコラで賞を取ったりもしています。
ここ、レストランがメインなので、ショコラトリーの開店も11時と遅い。あれ、これが入口?と驚くほど狭いチョココーナーです。店内にばら売り値段の表示がなかったので分からなかったけど、量り売りで1€/10g。これ、タブレットもこの値段なので、なんかお得なような。欲しい味のを詰めてもらって、13個で110gでした。

valentin1_20240219032843836.jpg

ブラックのチョコだけにしたいって言ったのに、これはミルクだけど信じられないぐらいおいしいのよ!と勧められたので、オリーヴ入りのと、トウモロコシ入りのだけミルクチョコ。
16個入りの箱詰めも15€で、あまり値段変わらないのでそっちでもよかったかな。出来上がってるのはガナッシュ・プラリネ・キャラメルの詰め合わせですが、好きなものを頼んだら入れてくれるようです。バレンタインスペシャルのハート形チョコもあったけど、中味がチョコレートじゃなかったのでこれはパス。
一粒10g以下なので、ホントに小さい一口サイズですが、確かにおいしいです。私はやっぱりガナッシュが好き。

valentin2_20240219032844e14.jpg
今年のお花は2色使いのチューリップ。

まだ蕾が固めなので、長持ちするかな。

ランキングバナー  ランキング参加中!

結婚記念日リベンジ

グルメ
11 /05 2023
先週行きたかったお店Atelier des Fauresに今度は早めに予約していってきました。どうせ記念日当日じゃないんだから、別に週末じゃなくたっていいんだしと思っていたら、このお店夜は週末しか開いていなかった(-_-;)
去年ランチに来たことがあるけど、その時は夜はちょっと高めだなと思っていたのに、他の店ほど値上げしていなくていつの間にかコスパが高い部類になってます。夜のコースは前菜2品+メイン+デザート=45€で、サイトにはシェフのお任せコース、となっているけど、メニューに載っている3、4品の中から自分で自由に組み合わせてもいいし、お任せでもいいということでした。でも、お任せだと違うものが出てくる訳ではないのであんまり意味ないような。と言いながらお任せにしてみたんだけど(笑)

faures1_2023111603481675c.jpg Ch. Jaulien Cuvée Eugénie (Pessac-Léognan) 2019

何を食べるのか分からないので、寒いからとりあえず赤(笑)。どこかのレストランで、ペサック・レオニヤンは飲みやすくて何にでも合う、と聞いたので。しかもなぜかこれがこの店で一番安いボルドー。驚き。

faures2_202311160348179fc.jpg 突き出しの仔牛。

コンフィだったかな?柔らかくておいしかった。

faures3_20231116034819425.jpg
最初の前菜は青梗菜のオイル煮?と焦がしたフェタ。

これ、ベジタリアンプレートで、自分では絶対選ばないので新鮮。青梗菜の芯が結構硬くて、ナイフで切れないぐらい(-_-;)。食べるのには問題なかったけど、ボリボリって感じ。小さいキウイとか、ソースはイチゴの入ったマヨネーズで、面白い組み合わせ。

faures4_20231116034820b55.jpg
2つ目の前菜はブーダン。

これはprince食べたかったらしいです。黄色いのは玉ねぎで、洋ナシ、マルメロが付け合わせ。ソースはピーナッツバターだったかな?振りかけてあるのは中東のチーズチャンクリッシュ(って読むのかどうか知らないけど)。ここまで、赤ワインにばっちりの組み合わせ。もしかして赤を飲んでるからこの料理を出してくれてるのかな?とか言ってたんだけど、メインで裏切られました(笑)

faures5.jpg
メルリュのグルノブロワーズソース

メインは白身魚でした。ソースはバターにハーブとレモンを利かせたクラシックなもの。付け合わせは黄色とオレンジの人参とか、サツマイモのピュレとか、野菜たっぷり。これもたぶん自分では選ばなかったな、と思ったけどすごくおいしかったです。
さて、もうかなりお腹いっぱいなんだけど、デザートは何でしょう…。

faures6.jpg
見た目はいかにもデザート然としたお皿がやってきたのですが、匂いが!

なんと、マッシュルームとマスカルポーネのデザート。キノコ臭がすごくって驚く。キノコだけを食べると別に違和感はないんですが、クリームの中にも入っていて甘いので、一緒に食べると妙な感じ。いや、これは断じて絶対選ばないけど、食べてみてもやっぱり2度と食べんと思った(笑)

faures7.jpg
最後のお口直しはイチジク。ほっ。

お任せにすると、自分では選ばないものが食べられて面白いのですが、このデザートはちょっと引きました。でもきっと、これを食べて!っていう自信作なんだろうけど。他は全部おいしかったんですが…。この値段なので前菜はもっとこじんまりしてるのかと思ったら、かなりガツンとくる量だったので、メニューじゃなく単品で頼んでもいいかな。

ランキングバナー ランキング参加中!

パブロフの犬 Le Chien de Pavlov

グルメ
09 /24 2023
すっかり涼しくなって、朝晩上着がないと寒いぐらいになりました。レストランに出かけるのにも、暑かった時は冷房がない店だったらどうしようとか、そもそも食欲が湧かなかったりしたけど、秋はいい季節です。
今年の誕生日は、前々から評判は耳にしていた有名な店Le Chien de Pavlovに行ってきました。ちょっと高めの値段設定なので、ランチで試してから行きたいなと思いつつ、行きそびれていたんですが、改めてチェックしたら、他の店が軒並みちょっと行きにくいぐらいの価格帯になっていて、比較すると良心的じゃない?と感じるぐらい(-_-;)。いやー、道理で私が今まで「お手頃」と言っていた店の予約が取れない訳だ。単品だとメインは30€前後ですが、お任せコースはアミューズ+前菜+お魚+お肉+デザート=49€とかなりお得。メイン2つなので多かったらどうしようと思ったけど、この値段なのでそんなにボリュームはないだろうと。ただし、お任せなので何が出てくるかは事前に教えてもらえず、でもワインはお任せがないので選ばなければいけないというちょっと不思議な店。ハーフボトルが何種類かあったので、白と赤1本ずつにしておきました。

pavlov1.jpg
アミューズは説明がなかったので、今いち不明。

オリーヴのフォッカッチャはまあ分かる。でも小さいラヴィオリのようなものは、フォアグラが入ってるかなー??不明だけど、おいしかったです。

pavlov2.jpg
前菜は牛肉と牡蠣のタルタル。

牡蠣はあまり分からないぐらいに叩いてあるので、普通のタルタルに磯の風味が加わってるかな、ぐらい。マヨネーズはミントが入っていて、ゆずや玉ねぎの風味も効いていました。

pavlov3.jpg
お魚はエスパドンと、ニンジンのミルフィーユ。

これが出てきた時、ワインは赤だけでよかったな、と思いました(笑)
にんじんは歯ごたえが残っているぐらいの硬さで、かなり意外。エスパドンは炙ってあるので、バーベキューで焼いたような香ばしさがあっておいしかったです。もうちょっと生でもよかったけど。

pavlov4.jpg
お肉は牛フィレ。付け合わせはビーツ、ナスのキャヴィアにブラックベリーだったかな?

これもおいしかった。お肉もお魚も確かにポーションが小さくて最後まで飽きず、パンもおいしいので残ったソースをつけてきれいに食べきれました。こうやって見ると、このお店は基本ビストロなんだな。盛り付けも凝ってないし、付け合わせの色合いとかバランスも特に気にしてない感じ(笑)
ここで、チーズを付け加えますか?と聞かれたけど、十分だったのでパス。

pavlov5.jpg
デザートは秋らしく、イチジクのタルト。

添えられたアイスがバラの香りがするゼラニウムの風味です、って言ってたように思うけど、確かにバラの香りでした。イチジクは生のと加熱してあるのが載ってました。
量も味もほど良くて大満足。場所柄か、時間帯か、周りのお客さんはほぼ総て外国人。フランス人にはちょっと予算的に厳しいからかも。お料理は全部おいしかったけど、ワインの選択肢がいまいちなのがネック。フルボトルだといいボルドーもあったかもしれないけど、ハーフやグラスはちょっと残念でした。普段なら全部赤でも構わないんだけど、お店に入ったばっかりの時ちょっと暑かったので、白が飲みたい気分だったのよね。白はグラーヴがあったので良かったんですが、赤は普通のボルドーで…(-_-;)
今度は最初からフルボトルでいってみよう。

ランキングバナー ランキング参加中!

インドネシア料理 Djawa

グルメ
08 /25 2023
新しいお店が次々オープンして、観光客で賑わうrue des Remparts(ランパール通り)。ここに「バリ島のストリートフード」を掲げる店Djawaができていたのでランチに行ってみました。サイトによると、最初はパリでやっていたお店でボルドーに移ってきたらしい。
セットメニューはありませんが、ランチタイムはソフトドリンクが1€になります。

djawa1.jpg
カラマンシーの自家製レモネードを頼んでみました。

柑橘の味はしっかりするのに、酸っぱすぎなくておいしい!リモンチェッロのようなクリーム色。

djawa2.jpg
前菜の揚げワンタン。中身は鶏肉。

ショウガや香味野菜が効いていておいしかった。友達が頼んでいたフムスもおいしそうでした。

djawa3.jpg
メインはバリ風チキンカレー。

djawa4.jpg
こちらはチキンサテー。

なんだけど、見分けが全くつかない(-_-;)。味はカレーの方は薄味というか、全くソースに味がしないぐらい。辛すぎるよりはいいけど、カレーなんだからもうちょっとパンチが効いててもいいのでは…。サテーの方はピーナッツソースの味がしっかりしていておいしかったけど、普通こんなしゃぶしゃぶじゃないよね、サテーのソースって(-_-;)

djawa5.jpg djawa6.jpg
デザートはココナッツミルクのリ・オ・レとモワルー・ショコラ。

リ・オ・レはソースが選べて、これはフレッシュマンゴーのソース。モワルー・ショコラの方は、ピーナッツバターソースがかかっていて、いかにも甘そう(-_-;)。私はデザート食べなかったのでわかりませんが、ちょっと味見させてもらったリ・オ・レはおいしかったです。
アジア料理のレストランでも、いかにもフランス人がやってる感じの味付けと品揃えで、私的には本場感が足りずちょっと物足りなかったけど、フランス人には大人気のようです。インドネシアといえばのナシゴレンとかミーゴレンもありますが、食べてる人見かけなかったなあ(笑)。にしても、この料理では全然ストリートフードじゃないんだけど…。

ランキングバナー ランキング参加中!

L'Originelのランチ

グルメ
08 /18 2023
日本から20年以上会ってなかった同級生が遊びに来てくれました。せっかくだからいいレストランに案内したいと思っても、バカンス期間真っ最中、しかも週末に掛かるので開いてる店がほとんどない。初めての店はほんとに良いかどうか分からないので、行ったことのある所をあちこち当たって、L'Originelのランチに行けました。最初に行ったのは大分前なので、変わってないか心配だったけど、相変わらずシェフとホール係の二人でこじんまりやっていて、お客さんもみんな知り合い?みたいな雰囲気。前の週まで涼しかったのに、猛暑が戻ってきてめちゃくちゃ暑くなったんですが、このお店冷房がない(-_-;)。細い道に面していて、あまり日が当たらないのはいいんだけど、小さい店で一方向にしか窓がないので風が通らず、外の方がよっぽど涼しかった…。これ、ランチだからまだ気温がそこまで上がってない時間でましだけど、夜は辛そうだな~。

さて、ランチメニューは選択肢なしで2品21€、または3品24€(多分)。

originel.jpg
前菜はヤギのチーズのムース。

わ、チーズがこんなにどっさり!と思ったけど、まるで泡立てた生クリームのようなふんわりした食感でした。メニューは口頭で説明されたので、何が入ってるのか忘れましたが、色々な味がして楽しい。

originel2.jpg
メインはお魚のラヴィオリ。

大きめのラヴィオリはつるんとした食感。ソースもとてもおいしい。ですが、ラヴィオリ3つぐらい?で、かなりポーション小さいです。私たちにはちょうどいい量だけど、普通のフランス人には物足りなんじゃないかな~。
おなか一杯、っていうほどでもなかったけど、暑くてデザートを食べる気にならなかったのでパス。

originel3.jpg
フランス人はもちろん食べます(笑)

レモンタルト、って言われたと思うんだけど、一口サイズのクッキーにレモンクリームが載ってる状態で、やはりこれも少量。夜に来た時は結構ボリュームあったので、ランチだからかな。でも、お昼はこれぐらいでちょうどいいでしょう。最近全然量は食べれなくなったので、夜だと2品にできない店も多くて困る(-_-;)

ランキングバナー  ランキング参加中!