FC2ブログ

Bravo Les Bleus!!!

ニュース
07 /16 2018
やりました!フランス、ワールドカップ優勝!



準決勝あたりから半端でない盛り上がり方で、決勝進出が決まった時点で既にシャンゼリゼを埋め尽くすサポーター。決勝はフランス時間で17時の試合開始だというのに、お昼のニュースから既にずっと特番(笑)
パリではもちろんシャン・ド・マルスにファンゾーンを作り、9万人集まっていましたが、ボルドーでは34,000人収容のスタッド・シャバン・デルマスで。ピッチの真ん中に4枚の巨大スクリーンが設置され、実際の試合のように客席に座って観れるということで、うちからも近いし一瞬行こうかと思いましたが、一番暑い時間帯に炎天下何時間も待つのはやっぱり…、と諦めました。しかも、試合開始直後から土砂降りになり、出かけるの止めてよかった、と思ったのでした。
4-1になった時点で、よし、これはいける!と冷蔵庫にカバをセット(笑)

cava.jpg

泡を飲みながら、ひたすら続く特番を見ながら夜は更けていくのでした…。
うちの近所ではそれほどの騒ぎはなかったけど、ごみ箱は翌朝まで出さないように、という市のお達しには従っておきました。

時代が変わったなあ、と思うのは、今まで報道陣が入れなかった場面も、選手自身が撮影してSNSにあげてくれるので、ロッカー内の様子とかも見れること。マクロン大統領がクロアチアの大統領と共に祝福にやってきたところなんかも。
サポーターが始めた替え歌が選手たち自身に歌われたりするのも面白い。



フランスの強さは、有名クラブでプレーするスター選手はいるけれど、1人のスターに頼り切っていないこと。そして以前と違って、個が突出せず、完璧なチームプレーができていること。無得点に終わったジルーが、自分が得点することにこだわらなくて勝てるならその方がいい、と言っていたのが象徴的でしょう。そして、このチームが一番すごいのは、19歳のンバペを筆頭に若い選手が多いこと。2年後のユーロ、そして次のワールドカップだって十分狙える。20年前に優勝した後は世代交代がうまくいかず、どん底に落ちていきましたが、今回はそうならないことを願います。
クロアチアもすごかったですね。建国からわずか27年、人口450万人に満たない小国が決勝まで上り詰められたのだから、他の強豪と呼ばれない国々にだってチャンスはあるということを証明してくれた大会でした。いつか日本が決勝を戦う姿を見れる日が来るかなあ…、来年の女子に期待しよう。

ランキングバナー ランキング参加中!

モンディアル

ニュース
06 /14 2018
サッカーのワールドカップ、始まりましたね。ちなみに、正式にはもちろんLa coupe du monde de footballというのですが、世界の、という意味の形容詞、mondialを名詞化してル・モンディアルと言えば、何もつけなくてもサッカーW杯のことと決まっている。

日本も頑張って決勝トーナメントに進んでほしいなあ。でないとテレビで見れない
民放のTF1は目ぼしい試合しかやらないので、予選リーグの日本は1試合もない。有料のbeIN SPORTSは全試合放映。うちの場合契約しているBoxだと初回割引で7€50で1か月見られるので、カフェに行くより安あがりだし、1か月だけで止めてもいいんですが…。

スーパーもすっかり観戦モード入っていて、テレビのセールはもちろん、ビールだのポテチだの、ピザだのが山積み。
面白いのはサポーターグッズ。

mondial.jpg

ユニホームや旗はもちろん、トリコロールセットのお化粧品も。3色が消しゴムみたいな形になっていて、一塗りですぐに出来上がる優れものもあります。ちょっとやってみたい…

ランキングバナー ランキング参加中!

両手で足りない

ニュース
06 /11 2018
毎日テレビで見ていたローランギャロスが終わってしまったので、なんだか物足りない感じ…。
今年もやっぱりというべきか、大本命のナダルがあっさり勝って終わりました。もっとも、スコアはストレート勝ちでも、前半はかなり接戦で、見ていて楽しい試合でしたね。ティームも試合後のインタビューで、今の自分にできることはやった、それがナダルに通用しなかったんだ、自分のプレーは良かったと思う、と言っていました。
グランドスラム初決勝のティームの他にも、今回準決勝まで勝ち進んだチェキナートや、ナダルから唯一のセットを奪ったシュワルツマンと、新しい若手が台頭してきたのも今後の楽しみ。

翌日はパリ市庁舎で、アンヌ・イダルゴ市長に手形をプレゼント。


11回の優勝を記念して、指が11本。両手で足りないので1本付け足されてます。
しかし、ナダル君、一体どこまで行くんでしょうか…。

ランキングバナー ランキング参加中!

怒濤のスト突入

ニュース
04 /08 2018
1週間パリに行ってきました。
折しも、国鉄SNCFが前代未聞の3か月に渡るストを宣言したばかり。4月3日から2日やっては3日働くというリズムでやると聞き、イヤーな予感。私の予定では3日出発で8日帰ってくるはずでしたが、行きも帰りも当たっている

≪6月までのスト予定カレンダー≫ 
  赤字がストの日
greve.png

ふざけてんのか。
以前にもストに当たったことがありましたが、その時は前日結構遅い時間になってからしかSMSが届かず大変な目に遭いました。今回は、前日17時に翌日の運行予定を告知する、と言っていましたが、初日だったせいか、2日前には既にあなたの電車はありませんと連絡が来た。そして、ネットあるいはアプリでチケットの変更に応じると。駅の窓口まで行って替えてもらわなければならなかった前回と比べると格段の進歩。3日当日はパリ行きTGVは3本運行が予定されていましたが、この日の列車への変更は既に不可能。前日2日への変更はできたけど朝9時の電車しかない。しかもこの時1日夜で残り12時間を切っている。まだ何も準備していないし、ホテルは3日からしか取っていない。一応パリの友達に連絡してみるけど、こんな急な話…、と思っていたら、2日の朝に友達が泊っていいよと返事をくれた。そこでもう一度確認したら、前の日にはなかった午後の電車が出ている。で、急いで予約して、準備して、無事出発できました。
帰りは更に早く、3日前の夜にはこんなSMSが。
greve2.png
しかし、3日と違って、当日の電車への変更が可能。そこで、予定より1時間早い電車に変更。元々あんまり早く出るのも嫌だし、とわざわざ少し料金の高いこの時間にしたのに、こんなことなら安い電車を取っておくんだった、と腹が立ったので、1等の席にしてやりました。変更の際料金が表示されますが、無料なので気にせず取って大丈夫です。ちなみに行きは1等しかなかったのですが、表示されたのは199€(笑)
行きは古い電車だったので、1等でもゆったりしていてコンセントがあるだけで、wi-fiもありませんでしたが、帰りは初めての新型車両!

tgv1.jpg
広々したテーブルに、コンセント、USBジャック、テーブルを開くと自動で点くライト。

tgv2.jpg
コンセントの部分だけ開くこともできます。

tgv3.png
wi-fi繋ぐと、現在の速度と位置が表示されます。

私が乗った車両は車椅子仕様になっていて、トイレもボタン一つでサーッと開くようになっていました。

行きは立っている人もたくさんいたけれど、帰りはモンパルナスでも切符をチェックされたし、普通の日と変わらない感じ。もっとも、私の乗った列車は本来ビアリッツまで行く便だったようだけれど、ボルドー止まりでした。いつまで続くのかなあ…、このスト。

ランキングバナー ランキング参加中!

国民的歌手逝く

ニュース
12 /10 2017
6日の朝、フレンチ・エルヴィスと称され、絶大な人気を誇ったジョニー・アリデイが亡くなりました。
がんで闘病中であることを公表し、入退院を繰り返していたので驚きではありませんでしたが、すごいのはその後。当日はもちろん、連日テレビのニュースは専らジョニーの話題ばかり。土曜には歴代大統領が参列しての追悼式まで行われ、お昼の式典なのに朝からずっと生中継。私はあんまり観るつもりはなかったのに、朝起きたらprinceが既にテレビを点けていた(゚д゚)
エルヴィスの時代のスターなので、ファン層の中心は50~60代の親父ロックなバイカー達。凱旋門からコンコルド広場までシャンゼリゼを下って、式典の行われたマドレーヌ寺院までの葬列に、全国から集まった700台のハーレー・ダビッドソンが続く壮観。本当はもっと参加したい人は多かったのだけど、警備の都合上700までに抑えられたらしい。
好き嫌いにかかわらず、ジョニーのすごいところは、基本エルヴィス風ロックを貫きつつ、次々に若い才能あるアーティストとコラボし、時代に受け入れられるよう努力を怠っていなかったこと。私は基本的に、好きなタイプの歌手ではなかったけど、いい曲はたくさんあるなと思います。折しも、15人の歌手がジョニーの曲をカバーしたトリビュートアルバムが出たばかり。このアルバムの中で、スリマンが歌っている「Marie」なんか、オリジナルより良いと思う

元はこちら。


ジョニーのお墓は、カリブのサン・バルテレミー島に作られるとのことで、今日飛行機で出発していきました。ご冥福をお祈りします。

ランキングバナー ランキング参加中!