FC2ブログ

ぺサックのシャトー巡り 2018

ワインシャトー
12 /02 2018
ジレ・ジョーヌ(Gilets jaunes、黄色いベスト)のデモが続いて不穏な空気漂う週末のフランスですが、一体いつまで続くんだろう。真っ先に打撃を受けているのはクリスマスを控えて稼ぎ時の商店のみなさん…、ショッピングセンターを封鎖して何の意味があるんだ。パリだけでなく、ボルドーでも警察とデモ隊の衝突があったらしくて、ちょっと心配。うちは市庁舎からも、デモがあると必ず通るアルブレ通りも近いので、車を壊されたりとかいう心配とも無縁ではない訳で…。

まあ、そんなことを言いつつもぺサック・レオニヤンののポルト・ウヴェルトに行ってきました。幸い、このルートには問題なかったです。先週ラックのショッピングセンターに出かけたら、月曜だったのにアキテーヌ橋がジレ・ジョーヌに封鎖されていて、警察が手前のブールヴァールを既にブロックしていて辿り着けなかった上に、2時間ばかりロス
なので、車で出かける時には多少覚悟がいる。

まず最初は、ロカード(環状道路)のすぐ外側にあるChâteau Baretから。
いつも前を通っていたけど、入ったことはなかった。意外にもたくさんの人が来ていて、パニクっているのにお喋りなおばちゃんがなかなか注いでくれず、遂には途中で諦めて白と赤1種類だけ試飲して出てきましたが、白がおいしかった。雨がしょぼしょぼ降るお天気だったけれど、人出はいつも通りだったみたい。

こんな様子では本命に早めに行かなければと、今回のお目当て、レオニヤンにあるChâteau Malartic-Lagravièreへ。
今年参加のクリュ・クラッセ組は3軒しかなく、有名シャトーが軒を連ねるレオニヤン・マルティヤック両村では唯一とあって、押すな押すなの大混雑。前に開いていた時、夕方6時ぐらいに来たらもうだめと言われて入れなかったので、今回はちゃんと早めに来ましたが、車を停めるのにも一苦労。
せっかくなので見学しましたが、カメラを忘れたので写真がヘボいです…。

malartic1.jpg
入口に飾ってあった帆船の模型は、18世紀の所有者マラルティック提督がケベックへ向かった時の船だとか。

malartic2.jpg
そういえば、エチケットはこの船だな。

malartic3.jpg
ステンレスだけでなく木製のタンクも使われていますが、この中にぶどうジュースを送り込むシステムなどが自動化されていてウルトラモダン。

malartic4.jpg
赤の樽貯蔵室。白に比べて格段に広い。

とにかくすごい数の見学者で、次から次にグループが出発しているので、前のグループに追いついてしまう。最後の方は2つぐらい前のグループに合流して、試飲になだれ込みましたが、ここもすごい人でかき分けてやっとテーブルへ。
同じオーナーのシャトー・ガザンの白と赤、そしてマラルティックの赤の3種類。どれもおいしかったけど、さすがグラン・クリュ!という感動はなかったかなー。そもそも、一口で終わってしまうぐらいしか注いでくれなかったので、よく味わう間もなかったのだけど(笑)

ここまで来たので、もう少し足を延ばして一番南端にあるChâteau Mancèdreへ。
地図で見るともっと遠いのかと思ったら、すぐでした(笑)
聞いたことない名前だなと思ったら、2001年にできた新しいシャトー。建物も新しく、お客さんも少なかったですが、パラパラやってくくるお客さん1組ずつに1人がついてじっくり試飲と説明をしてくれる感じの良いところでした。ワインは白と赤の2014、2015、2016。若いものから試飲していくのが普通ですが、ここでは2014からと言われ、確かに2015の方がフルーティで飲みやすく、2014で感じたアグレッシブさがない。これは旨い!さすが2015だ!とすっかり買う気になっているprince。しかしその後の2016!衝撃的に、ものすごく良いのです。当たり年と評判の高い2015を上回る出来。

mancedre.jpg 2016は21€でした。

来てよかったー。

最後にマラルティックとマンセードルの間にあったChâteau de Franceへ。
ここは前にも来たことがあるのですが、せっかくなので4軒目。スタンプラリーをやってればこれで4つ制覇できたはずなんだけど、最初のシャトーで既に躓いたので今年は諦めました…。
試飲はセカンドのシャトー・コキヤスの赤、ドゥ・フランスの白、赤のミレジム違いで2種類と盛りだくさん。シャトー・マラルティックに来ていた牡蠣の直売で1ダース買っていたので、どこかで白買ってもいいね、なんて言っていたんだけどここの白は赤よりも大分高かったので止めました(笑)。コキヤスの白があればお手頃だったんですけど…。

という訳で、今年は4軒中3軒が初めてのところでした。しかも全部良かった!しかしいよいよ新規に行くところがなくなってきたかも

ランキングバナー  ランキング参加中!

グラーヴのシャトー巡り 2018

ワインシャトー
10 /20 2018
今年も行ってきました、グラーヴのポルト・ウヴェルト。今年はすっごくお天気が良くて気持ちよかったのですが、車の中は温度が急上昇するので、ワインを買うのには向いていない…。日陰を探して停めないといけませんが、田舎の農家のこと、高い建物があるわけじゃなし、なかなか難しい。

さて、今年もいつものように、高速をLa Bredeで降りてボーティランへ。ここにある3軒のうち、まだ行ったことのなかったChâteau Le Tuquetへ。

tuquet1.jpg
かなり古いシェです。

tuquet2.jpg

オーナーのお爺さんが出てきて、試飲?見学?と聞いてくれたので、じゃあさっと見せてもらおうかな、と言ったら話が長い(笑)
いや、天然ボケ入っててなかなか面白かったんですが、全然さくっとじゃなく。

tuquet3.jpg
秋ですねえ。

やっと試飲に辿り着いて(笑)、白の2017、赤は2016、2015、2014とありましたが、白はかなりセック。グラーヴには珍しいぐらいの辛口。赤は2016が一番バランス良く感じました。

tuquet5.jpg Blanc 2017(7,10€)、Rouge 2016(9,70€)

赤は特別2€引きで、実際は7,70€!安い…、でも2本しか買わなかったけど(笑)
最近特にグラーヴはストックを控えているので、ちょっとずつ。

tuquet4.jpg
シェの向こうにあった母屋のファサードは、かのヴィクトール・ルイによるものだそうです。

そういえばエチケットの絵もこれですね。ドアのデザインなんか、グラン・テアトルを思わせる。当時の貴族のお屋敷だったんでしょうねえ。
思いの外、1軒目で時間を取ってしまい、お昼を食べ損ねそうな時間。ポダンサックまで南下して、前にも行ったブラッスリーに入ってみたら予約で一杯。その隣のレストランは既にサービス終了とのことで、諦めて近くでフード・トラックのあるシャトー…という訳で、アルバナッツにあるChâteau des Placesへ。
テントがしつらえられていて、テーブルと椅子が置かれていたのですが満席。それならと、まず試飲に行きました。赤白それぞれ3種類、それにミレジム違いもあって、ゆっくりしました(笑)

graves2_20181025064258980.jpg
Château des Places 2016 (9,90€)
Agora du Château des Places 2015 (17,50€)

白もなかなか良かったのですが、結構高めだったので赤を2本。ここにはシャトー・ラグランジュもあったのですが、前に来た時には家族経営のこじんまりした別のシャトーだったので、ここに買われたのかしらね。
試飲している間にテーブルが空いたので、フード・トラックに行ってみたら、定番のバーガーの他にいくつかお料理もありました。私はバーガー、princeは半身のマグレを食べて満足。

後は良いシャトーが揃っているポルテッツ、殆ど行き尽くしてしまったので、残っている2か所を制覇することに。
まずChâteau Doms。
立派な門構えで、結構たくさんの人が来ています。私たちも名前は知ってる気がする…、と思ったけど、飲んだことがあるかどうかは謎。白と赤を2種類、さくっと試飲して私は特に…、と思ったけどprinceは買いたいというので1本だけ。

Château Doms Cuvée Amélie 2015 (11,50€) graves1_20181025064255bd4.jpg

最後はすぐお隣のChâteau Tour Bicheau。
ここもお客さんがたくさんいて、サービスも販売担当って感じの口の達者な若い女の子。そのせいかどうか、試飲の量はケチ臭かったけど(笑)
白がおいしくてしかもお手ごろ。赤は2種類(だったかな?記憶が…)。

graves3_20181025064259148.jpg Blanc 2017(6,10€)、Rouge 2016(8,20€)

という訳で、全部で8本。いやあ、やればできる!(笑)

ランキングバナー ランキング参加中!

コート・ド・ブールのシャトー巡り 2018(3)

ワインシャトー
05 /15 2018
もう1軒ぐらい近場で知らないところ…、ということで、やはりブール市内のシャトー・コニルに行ってみました。

bourg9.jpg
丘の上にある見晴らしのいいシャトー。遠くにドルドーニュ川が見えます。

ここでもマルベック100%があってびっくり。流行ってるのか?
悪くないけど、さっき買ってしまったのでここではメルローとマルベックのエクセランスにしました。

bourg10.jpg
Château Conilh Haute Libarde L'Excellence 2015(10€)

40年来のお客さんだという老夫婦がいらして、ちょっとお話していたらprinceの実家のすぐ近くにお住まい。考えてみればブールからすぐ近くなのよね。私はアル中なんです、食後にウィスキーとかコニャックとか飲むのが止められない、と言っていたおばあちゃん。オーナーさんが、私の祖母は毎日リキュール飲んで105歳まで生きましたよ、好きなものを飲むのが一番!と笑っていました。

そろそろ疲れてきたので、後はトーリアックに向かいよく知っているシャトーでお買い物。
まずシャトー・オー・マコ。
買うものはキュヴェ・ジャン・ベルナールと決まっているのですが、たくさんミレジムがあって、どれ飲む?と聞かれる。ちょっと他のも飲んでみたい気もしたけど、やっぱり2015で。これが期待外れだったら他のを飲んでみてもよかったが、もちろんそんな訳はありません(笑)

bourg8.jpg
Château Haut-Macô cuvée Jean Bernard 2015(7,80€)

ケースを大人買い。なんと木箱入りでした。

最後はシャトー・ノドー。
今回はここでBIBを買うというミッションが(笑)
BIBに入っているのと同じトラディションをまず試飲。これだけ飲めば、十分おいしい。しかも瓶なら6€ですがBIBなら5L入りで18€。安すぎる…。そこから16か月熟成、古木の20か月熟成とグレードアップしていくと、最初の印象が薄れていくのは仕方ありませんが。

bourg7_20180527012119516.jpg 
Château Nodoz barriques nouves 2015(10,15€)

今回はBIBとこれを買いました。大体いつもセカンドのシャトー・ガロ―も買っていたのだけど、今回は2016だったせいか、なんだかちょっとイマイチな感じだったのでバリック・ヌーヴだけにしておきました。お手頃なのでつい買い過ぎてしまうのが難点です…。

というわけで、また新たな発見のあった今年のコート・ド・ブールでした。

ランキングバナー ランキング参加中!

コート・ド・ブールのシャトー巡り 2018(2)

ワインシャトー
05 /14 2018
ブールの町の中心に入るとすぐにある観光案内所とメゾン・デュ・ヴァン。その前の広場に車を停めて、港に向かって降りる道を下ってレストランLe Plaisanceへ。すごく広い店なのでこういう日にも余裕で入れるのが嬉しい。久しぶりに来たらワインバー仕様になっていて、グラスワインはカードをもらって自分で機械のところへ行って選ぶようになっていました。もちろんコート・ド・ブールのワインが充実していますが、ボルドー以外のものも少し置いてあります。量が小中大とあったので中にしてみたら、あら、これだけ?というところで止まった。席に戻って説明を見たら中は6cl。道理で安いと思った(笑)
もっとも、結構試飲してきた後だし、これからまだいくつも回る予定なのでいっそ水にしようかと思ったぐらいで、たくさんは飲みたくなかったのでちょうど良かったです。

bourg1_201805230638236f4.jpg bourg2_20180523063829ea0.jpg
私はオングレのステックフリット、princeはペリグー風サラダを食べました。

やわらかいお肉でおいしかった。お料理が来るのは割と早かったですが、お隣のテーブルのグループはデザートを30分も待たされて、催促に行ってやっと持ってきてもらったようでした。私たちもカフェを頼んだら、もうお店も空いているのにいつまでたっても来ない。30分も待ちたくないので席を立って支払いにカウンターに向かったら、担当の女の子があら?カフェは飲まないんですか?と抜かすので、いつまでたっても来ないからもういいわ、と言ったら待って、今すぐ、とカウンターにすぐ用意してくれた。やればできるんやないか

という訳で、無事に食事を終えて次のシャトー・ドゥ・ラ・グラーヴへ。
ここへ来るのは2度目で、立派なお城のある素敵なシャトーなのですが、また見学は端折りました(笑)

bourg4_20180523063831169.jpg
試飲会場のシェの中もお洒落にデコられていました。

bourg3_20180523063826ec8.jpg
赤はクラシック、キャラクテール、ネクタールの3種類。これに加えて白も試飲。

ここの白はセミヨンとコロンバールと珍しい組み合わせのセパージュで特徴のある味。1度飲んでからすっかりファンなのですが、スーパーのワインフェアにも出ていたので、ここでは買わないでおきました。
前からシャンブル・ドット(民宿)はやっていましたが、さらにブティックもできていたり、シェの前がテーブルのあるテラスになっていたりと、設備が増えていました。イベントも随時やっているようです。

ランキングバナー ランキング参加中!

コート・ド・ブールのシャトー巡り 2018(1)

ワインシャトー
05 /13 2018
今年もコート・ド・ブール地区のポルト・ウヴェルト(一般公開)に行ってきました。メドックの時はパリに行っていたし、サンテミリオンの時は天気が悪くて行く気にならず。今回のコート・ド・ブールも1日目の土曜は天気が悪かったので諦め、2日目に。時々にわか雨はあったものの、予想以上に晴れてよかった。
お昼少し前に出かけてブールの町でランチをする前に、市内にあるシャトーへ。

まず最初は今回初めて行くシャトー・ドゥ・クルウト。
こじんまりした小さいところで、4、5組ほどのお客さんでもういっぱい。白とロゼ、赤はボルドー・シュペリウール2011とコート・ド・ブール2014、それからメルローとマルベック半々のクリュ・クーポン2014の3種類がありました。残念ながら白は試飲に出ていなかったのだけど、常連さんなのか買っていく人が多かったです。

bourg5_20180523063829dd6.jpg
Château de Croûte Bordeaux Supérieur 2011(5,50€)
Rose de Barbanson(5€)

うちが買ったのはこの2本。ロゼはカベルネ・ソーヴィニヨンで作られているそうで、かなり濃いめのピンク。ボルドーのロゼらしい、しっかりした味わいです。赤は2011だからか、今飲むならこちらの方がコート・ド・ブールよりも飲みやすくていいかなと。

次はすぐ近くのシャトー・ドゥ・リドンヌ。
ここは去年も来たのですが、前回は全然説明してもらえなかったのに、今回はとてもお喋りなオーナーさんがいて、試飲しながら長々とお話をしていただきました。まず白の2014から。前は飲まなかったのかな?全然覚えがなかったけど、これはおいしい。コート・ド・ブールの白ってあんまりないのですが、あれば例外なく旨い気がする(笑)。しかも、白にしては2014と古いミレジムなのに、フルーティさがしっかり残っている。赤は、まずワインスクールの授業用に選ばれたというマルベック100%の2017、マルベックに5%だけメルローを入れた2009、それから去年買ったキュヴェ・シュブリミスの3種類を試飲。最近マルベックをたくさん使うシャトーが増えているんでしょうか。それにしても、100%マルベックは珍しい。どうかなあ、と思ったけど意外に飲みやすくてウマい。マルベックを入れるのはこの地区の特徴なので、コート・ド・ブールが好き、というのは結局イコールマルベック好きなんでしょうね。

bourg6_20180523063832a82.jpg
Château de Lidonne Cuvée Le Malbec 2009(10,50€)、2017(7,50€)
Blanc sec 2014(5,50€) -ラベルが2013

2017は早飲み用だから、1年以内に飲んでねー、15℃ぐらいで。ということでした。果実味溢れるいかにも若々しいワインですが、カベルネのような渋みはないので飲みやすいです。2009と比べると樽熟成のあるなしと共に違いが面白い。

ランキングバナー ランキング参加中!