FC2ブログ

やっぱりクレープ

フランス国内
01 /08 2019
実はレンヌに2泊したのは、モン・サン・ミッシェルに行くかも…、と思ってのことだったのですが、前の日の天気予報がイマイチだったので止めました。私は1回行ったことあるのでそれほど執着してなかったせいもありますが。もっとも、私が行ったのはかれこれ20年近く前、まだ島の足元までバスで行けた時。なので、満潮時に孤島になる様子が見れるならいいなあ、という気持ちもあったのですが、この日の満潮は時間が合わなかった。

rennes17.jpg
それなのに、蓋を開けてみたら嫌味なぐらいいい天気。

rennes18.jpg
前の日にランチしたお店のある通りもだーれもいない。

問題は、ゴハンを食べようと思っても店が開いてない。前の日に良さそうなお店をチェックしておいたのだけど、案の定みんなお休み。こんなことなら、モンサン行っとくんだった~。

rennes19.jpg
それでも、クレープ屋は開いてるだろうと、サン・タンヌ広場へやってきました。

この一番手前のコロンバージュの家、現役の郵便局です。こうやってちゃんと使われてるといいよね。
サン・タンヌ広場もメトロの大工事中。ここも感じの悪い人たちがたくさん屯ってましたが、立ち並ぶクレープ屋はみんな開いてました。

rennes20.jpg
Crêperie Sainte Anneに入ってみました。

ここもコロンバージュの建物です。

rennes21.jpg
オープンキッチンなんてものじゃありません。ホールの一角が厨房。

私たちのテーブルはこのすぐ前だったので、4つある鉄板でちゃきちゃきとクレープを焼いていくお兄さんたちがよく見えました。ガレット用、クレープ用、目玉焼き用、と分かれているみたいだった。

rennes22.jpg
この日は王道のコンプレット(ハム、チーズ、卵)。

でもこのお店、コンプレットだけでも種類がたくさんあった(-_-;)
で、味はというと、前の日に食べたのと同じようなもさもさした生地。なのでこれがレンヌ風だと理解しました。南ブルターニュとは文化が違うんでしょう。確かレンヌの人はブルトン語を喋らないとか聞いたし。
レンヌのソウル・フードと言われるガレット・ソーシス(ホットドッグのクレープ版らしい)も、結局食べませんでしたが(そもそも見かけなかったのだけど)、カンペールにはなかったもんな。

ランキングバナー ランキング参加中!