fc2ブログ

ペサックのシャトー巡り 2023

ワイン
12 /03 2023
今年最後のシャトー訪問は、恒例のペサック・レオニヤンのポルト・ウヴェルト。今年はどこに行こうかな、とパンフレットを眺めていて、いくつか知らないシャトーがあり、場所の近い3つを纏めて行ってみることにしました。
ぺサックは何と言ってもボルドー市内からの近さが魅力。最初のシャトーは隣接するヴィルヌーヴ・ドルノンにあり、うちから20分で着いてしまう。住所を見ると、いつも通っている幹線道路沿い。GPSが後1分と出ても、アパートや住宅が連なっていて、こんなとこにほんとにシャトーが?と驚きの場所。



あ、Château Trigantの看板が出てる。その道端の公園みたいな入口を入っていくと、結構広い敷地が広がっていて、ちゃんとシャトーがありました。こんな住所だから、事務所だけがあるのかと思った(笑)
聞いたことないと思ったら、1年半ぐらい前にシャトーを相続した若い人がやっていて、建物も大工事中。アクセスが良いので、宿泊や結婚式などのレセプションとしても使えるようにする計画だそうです。肝心のワインもまだ改良の余地あり、って感じだったので、また数年後に来てみたらいいかな。ちなみにメトロポール内なので、バスでも来れます(バス停目の前)。

続いては同じ道を南下して、右に行くとシャトー・クアンスの表示が出ているところを過ぎ、カドジャックに入ってChâteau Bardinsへ。

pessac1_20231208030354189.jpg
おおー、立派なお城。

pessac2_20231208030355d11.jpg
ヒツジさんたちもいる。

と、いきなり牧歌的な風景が広がっているのですが、ヒツジさんたちの向こうから轟々と車の走る音が。このシャトー、ボルドーから南に向かう県道と高速に挟まれた場所にあるのですね。私たちが通ってきた県道はそれほどでもないけど、高速を走る車の騒音はすごい。
さて、食べ物やアートなどが賑やかに売られている中を通り抜けて試飲へ。シャトー・バルダンの赤のみ、ミレジムは3種類。2020の果実味たっぷりな味わい、2019のタンニンのしっかりした力強さ、どちらも甲乙つけがたく両方お買い上げ~。

pessac3_20231208030357bf5.jpg
Ch. Bardins 2019, 2020(20,50€)

試飲には2013だったかも出ていたんですが、予想通り軽いというか、薄い。もう飲み頃は過ぎてしまっている感じ(-_-;)

さて、次もカドジャック。今回4つしか開いていないクラッセ組の一つ、Château Bouscautに久しぶりに来ました!

pessac4_2023120803035894b.jpg

前に来たのはボルドーに戻ってきてまだ1年余りの2010年。なんか新鮮だったなー、何もかも(笑)
今回はさすがにたくさんの人が来てました。

pessac5_202312080304007ea.jpg
デギュスタシオン(試飲)はこちら。

こんな恐竜?の看板あったかな?

さて、試飲はセカンドとシャトーの赤白それぞれ1種類ずつ。まず白のセカンド2020、次にシャトーの2019。前に来た時も思ったけど、やっぱりセカンドの方が好きなのよ。ここの場合。シャトーの方が甘みが強い感じで、セカンドの方がさっぱりしている。赤はセカンドが2018、シャトーは2016。で、赤もやっぱりセカンドの方が好きだった。

pessac6_20231208030402504.jpg
Les Chênes de Bouscaut rouge 2018(18€) blanc 2020(19€)

好きな方が安いって、なんか嬉しい(笑)

最後はスミス・オー・ラフィット(今年もやっぱり開いていない)の横を通り過ぎて、シャトーの集中しているマルティヤックへ。ここにも新顔Château Carrosse Martillacが。予想通り真新しい建物ですが、お客さんはたくさん来ています。今年が2年目の参加ということでした。ワインは赤のみ、セカンドとシャトーの3ミレジムが出ていて、セカンドは2020と2018、シャトーは3つとも試飲。セカンドの2018は私の苦手なタイプだったけど、それ以外はどれもおいしかった。決めかねて迷っていたら、オーナーさんが出てきて見学する?グラス持って行っていいよ!なんだったらもっと注いでもらって!とか豪快に言われたので、それじゃあ、とシェを見に行きました。写真を撮り忘れたけど、シェの建物がぱっと見は何の特徴もない倉庫なのに、見る角度によって色の変わる不思議な壁でできていて斬新でした。

pessac7_20231208030403f7e.jpg
L'Equipage du Carrosse Martillac 2020(20€)
Ch. Carrosse Martillac 2020(30€)

結局2020を1本ずつにしました。

今年はあまり行かない地区の新顔3つにめちゃくちゃ久しぶりのブスコーと、新鮮味のあるぺサック・レオニヤンで楽しかった。やっぱりたまには変えないとね(笑)

ランキングバナー ランキング参加中!