FC2ブログ

羊の行進

イベント
10 /07 2018
この週末にボルドー及び周辺の市でTranshumanceが行われました。
トランズュマンスというのは、羊などの家畜を夏の間山へ放牧に連れて行き、冬になる前に麓の村へ帰ってくることで、ピレネーではバスクのピトレスクな村々などを通り抜けお祭りのような雰囲気で、観光客にも人気の行事です。実は、都会に住む人にもこの行事を知ってもらおうと、郊外のヴィルナーヴ・ドルナンでは毎年行われていたらしいのですが、今年は10回目ということで周辺の街にも協力してもらって、メドックの南に位置するブランクフォールからスタートして、ボルドー、ベーグルを通ってヴィルナーヴで終わる3日間の一大イベントになりました。
ボルドーでは土曜日の朝、ラックからガロンヌ河岸を通って右岸のダーウィン地区で1泊し、日曜の朝再びポン・ドゥ・ピエールを渡ってヴィクトワール広場からベーグルへ向かうという、思いっきり街の中心を通り抜けるかなり果敢なルート。
河岸に到着するのが16時―16時半、という予定だったので、少し前からミロワール・ドーの前で待っていたら、先駆けの自転車に乗ったスタッフがもうすぐ羊が来まーす、道を開けてくださーい、と呼びかけながら進んできました。向こうの方に警察のバイクの青いライトも見えているけれど、なかなか進んでこない。16時半も近くなって、ようやくバイクに先導されてやってきました!

transhumance1.jpg
羊だけでなく、ヤギも混じっています。

transhumance2.jpg
きっちりお行儀よく並んで行進

transhumance3.jpg
あれ?ラマが混じってるぞ?

笑える。ひとりだけでっかいのに、仲間のつもりなんだろうか(笑)
羊たちの後ろからはボーダーコリーが追いかけ、その後ろを歩く人がたくさん。

transhumance4.jpg
中には伝統的な羊飼いの扮装をした竹馬乗りも。

このランドの竹馬、どうやって乗ってるのか不思議なのよねえ、日本の竹馬みたいに、手で持ってバランスをとってるわけじゃないし。

transhumance5.jpg
楽団もいました。

この後ろを歩く集団がかなり多くて、集結地のポン・ドゥ・ピエールのたもとはかなり混雑していそうだったので、橋を渡るところまでは見ずに帰りました。うちについてしばらくしたら雨が降り始め、私たちは早めに帰って良かったけれど、これほど何か月も晴天続きで、何もよりによってこんなイベントの時に降らなくてもいいのに…。

ランキングバナー ランキング参加中!

関連記事

コメント

非公開コメント