FC2ブログ

ロシュフォールと言えば

フランス国内
10 /11 2018
ボルドーからラ・ロシェルは前にも書いたことがありますが、高速を使うと2時間ほど。今回はたまを途中のジジババ宅に預けてから行ったので、そこからだと地道でも2時間足らず。ただ、朝出発したのが遅くてランチタイムまでに辿り着けず、手前のロシュフォールで休憩することにしました。
ロシュフォールと言えば、すぐに思い浮かぶのがジャック・ドゥミの映画「ロシュフォールの恋人たち」。
 ♪♪ Nous sommes les soeurs jemelles... (私たち双子の姉妹~)とつい口ずさんでしまいますね。カトリーヌ・ドヌーヴと実姉のフランソワーズ・ドルレアックが演じた美人姉妹の母(ダニエル・ダリウー)のカフェがあったのがこのロシュフォールの街の真ん中にあるコルベール広場。街の規模からしたらえっというぐらい広い無料の駐車場があるので、そこに車を停めて歩いて行ったら、すぐにこの広場に出ました。もっと遠いのかと思った(笑)

rochefort1.jpg
たくさん花が植えられていて、大きな木も多く気持ちの良い広場です。

rochefort2.jpg
映画でもしばしば登場する噴水のある門。奥に見えているのは市役所。

rochefort3.jpg
こちらが映画で使われたプレハブ造りのカフェ…、のはずですが、木が邪魔(笑)

お向かいにも同じ造りのカフェが。

rochefort4.jpg
こちらの方がメニューが良さそうだったので、ここで食べることにしました。

rochefort5.jpg rochefort6.jpg
その名も「Brasserie des Demoiselles」。

原題は「恋人たち」ではなく、ドゥモワゼル(お嬢さんたち)なのです。
時間も14時近く、あんまりがっつり食べたくはなかったので、今日の1品から私はお魚、princeはステックフリット。付け合わせも野菜たっぷりでおいしかったです。

お時間のある方は比べてみてね。


ランキングバナー ランキング参加中!

関連記事

コメント

非公開コメント