FC2ブログ

Le Bordeaux Gordon Ramsay

グルメ
10 /28 2018
結婚記念日に、ゴードン・ラムゼイのブラッスリーに行ってきました!
グラン・テアトルのお向かいにあるLe Grand Hôtel(どっちも芸のない呼び方ですね、現在はインターコンチネンタルになっています)、ここのメインダイニングLe Pressoir d'Argentは2つ星を取っていてお値段もそれなりですが、ブラッスリーLe Bordeauxの方は手の届く値段。しかも、前はお昼だけだったコースメニューが夜も食べられるようになったので、更に気軽になりました。

そのうえ、なんと言ってもこのロケーション。

lebordeaux8.jpg
ブラッスリー上階からの眺め。

予約の時に、特別なディナーですか?と聞かれたので、結婚記念日です~、と言ったらこんな特等席にしてもらえました。
メインレストランよりこっちの方がいい場所にある(笑)
このホテルもグラン・テアトルと同じヴィクトール・ルイの設計なので、統一感がありますね。

さて、お料理は予定通り前菜+メイン+デザート=39€のコースで。

lebordeaux1.jpg
ワインはClarendelle inspiré par Haut-Brion 2014

これって、シャトー・オー・ブリヨンの?とソムリエさんに聞いたら、オー・ブリヨンで不適格とされたブドウを使っているとのこと。AOCぺサックでもグラーヴでもなくボルドーなので、オーナー会社のクラランス・ディロン・ワインズが持つメドックやサンテミリオンなど他の畑からのブドウも合わせて使われているようです。やはり力強さには欠けますが、飲みやすくバランスのいい味わい。
ワインが来るのを待っていたら、突き出しのグージェールを食べる前にもう前菜が来てしまった。早い!でもちゃんと置いたままにしておいてくれました(笑)
このグージェールがまたおいしくって。中にチーズクリームが詰められていて、リッチな味わい。1個しかなくてよかった~、こんなの何個もあったらお腹いっぱいになってしまう(いや、食べなきゃいいんですが)。

lebordeaux2.jpg
前菜はサーモンのグラヴラックスとカリフラワーのムースリーヌと

lebordeaux3.jpg
パセリ入りハムのテリーヌとピカリリー

このサーモンはすごい。今までに食べたグラヴラックスと全然違う!!!もっちりと弾力があって凝縮された味。ムースリーヌがすごくちょびっとしか乗ってなかったのですが、サーモンだけで十分おいしいので邪魔されなくていいって感じ。ま、そこまで計算された量なんでしょうけど(笑)
テリーヌもおいしかったけど、サーモンのインパクトに比べると普通かな~。でもピカリリーってイギリス料理だよね。その辺ゴードン。

lebordeaux4.jpg
メインは二人とも牛頬肉とパネのピュレ、グレモラータ添え

上に乗っているのもパネを素揚げしたものだと思います。グレモラータというのは横に添えてあるソースで、本来はパセリ、ニンニク、レモンで作られるイタリアンのソースですが、ミントが入っていたと思う。ナイフが要らないぐらいよく煮込まれていて、これは正統フランスのブラッスリー料理って感じ。でも牛肉にミントソースを添えるのはやっぱりイギリス風な気がする。上からではよく見えませんが、お皿がボウル状になっていて、お肉の塊が実はとてもデカかった…。

アラカルトも基本はブラッスリー料理なんですが、ゴードン色を出すためにフィッシュ&チップスもあります(笑)

lebordeaux5.jpg
デザートは、レモンのタルトと

lebordeaux7.jpg
マンゴーとパッションフルーツのチーズケーキ!

ネットでこのタルトの写真を見て、絶対これは頼まねばと思っていた(笑)。実は私、レモンのタルトは好きですが、メレンゲが好きではない。でもこの麗しいタルトはぜひ実物を拝んでみたくて。食べてみても、レモンの酸味がかなり効いているので、メレンゲと一緒に食べるとまろやかになっておいしかったです。でもかなり濃厚で、見た目よりボリュームありました。
逆にチーズケーキは、大きさの割にあっさりしていてパクパク食べれた。半分こしようね、と言って途中でお皿を交換して食べていたら、サービスのお姉さんにあら~、交換したのね!とチェック入れられました(笑)

いやいや、満足。メニューの内容、季節によって替わるのかな?また違うものも食べてみたいです。

lebordeaux9.jpg
表のテラスには本物の暖炉が。

しかし、あまりにも寒くて誰も座ってませんでした(笑)



ランキングバナー ランキング参加中!

関連記事

コメント

非公開コメント