fc2ブログ

They Shot the Piano Player

映画
02 /20 2024
舞台は北南米、監督はスペイン、製作は西仏葡蘭ペルー共同のアニメ!

pianoplayer.jpg 「THEY SHOT THE PIANO PLAYER」
Sortie le : 31 janvier 2024
De : Fernando Trueba, Javier Mariscal
あらすじ ニューヨークの音楽ジャーナリストのジェフは、60-70年代以来忽然と消えたブラジル人のピアニスト、テノリオの消息を追い始める。ラテンアメリカが独裁政権に席巻される直前の、束の間の自由な空気を謳歌していたアーティストたちをジャズとボサノヴァの融合された音楽で彩る…。

今時こんなアニメがあるなんて、と驚く手書きの絵がカクカクと動くレトロな作り。60年代に活躍していたピアニストの話なので、わざとそうしているのかもしれませんが。しかも、このテノリオはコンサートに出かけたブエノスアイレスで消息を絶ち、そのまま行方が分からなくなってしまった。当時アルゼンチンはクーデターで軍事政権になっていて、反体制派を大量に弾圧、処刑していたので、彼も収監・拷問を受けたのち殺されたのだろうと思われるのだけど、ブラジル人ミュージシャンで、政治に関わっていたわけでもない彼がなぜ?というのはよく分からないところ。もっとも、独裁政権下で行われることに理路整然とした理由などある訳もありません。しかし、彼が生きていたら、もっともっと素晴らしい音楽が生まれていただろう、と、実在のミュージシャンたちが証言する場面がたくさんあり、ほぼドキュメンタリーの趣。ご機嫌なジャズやボサノヴァがちりばめられて、これ実録で観たかったなあというのが正直なところ(笑)
南米の歴史は複雑でよく分からないし、知らないこともいっぱいなので勉強になりました。

ランキングバナー  ランキング参加中!

ヴィルフランシュ・シュル・メール散策(2)

フランス国内
02 /18 2024
ヴィルフランシュにはシタデルがあります。

villefranche6.jpg

この中にはなんと市役所が入っているので、こんな入口ですが車が入れるようになっています。

villefranche7.jpg
入口の辺りから旧市街の眺め。

パステルカラーの建物、漁港、山の中に点在するヴィラ…、絵に描いたようなコートダジュールの景色。この地方では珍しい砂浜もあって、コートダジュール随一の美しさと言われるのも納得。

villefranche11.jpg
入口は16世紀の要塞そのもの。

villefranche8.jpg
つわものどもが夢のあと…。

villefranche9.jpg
下の部分も公園として整備されているようです。

villefranche10.jpg
写真が上手く撮れなかったけど、植え込みも綺麗に作られていました。

villefranche9 (2)
海が青い!

散策の後、お昼を食べようかとレストランを見て回ったら、観光地らしくニースよりも全体的に高め。時間も早かったのでニースに戻ることにしました。しかし、ランピア港の辺りで食べようと思っていたら、お目当ての店がいっぱい。他に手頃な店がなく、歩いているうちに時間が遅めになってしまい、開いているお店が少なくなってきたので、ピザを食べることにしました。

nice21.jpg
イタリアが近いだけあって、本格ナポリタンピザ!

おいしかった~。時間を気にせず食べれて、ピザ屋さん(というよりイタリアンレストランの趣でしたが)って便利!

ヴィルフランシュはニースに隣接していて、海沿いのハイキングコースを歩いてきても1時間ぐらいのようです。片道チャレンジしても良かったな。

ランキングバナー  ランキング参加中!

ヴィルフランシュ・シュル・メール散策(1)

フランス国内
02 /17 2024
ちょっと間空きましたが、ニース旅行の話に戻ります。
3日目は近郊のかわいい村へ行ってみることにしました。ニースの周りはエズを始めとして風光明媚な村がいっぱい。エズは前回も行ったけど、久しぶりだし行っても良いなと思ったんですが、バスを待つ人の多さにうんざり。前は確か長距離バスがたくさん出ているターミナルまで行かないといけなかったけど、今は普通の路線バスでも行ける(ので安い)。来たバスにみんなどんどん詰め込まれていき、絶対全員乗らないだろうと思ったのに乗りたい人はみんな入った(-_-;)。だけど、30分このぎゅうぎゅうバスに乗って行ったら気分が悪くなりそう(リスボンを思い出す…)だったので、ニースのすぐお隣にあるヴィルフランシュ・シュル・メールに行くことにしました。



前回は私たちも若かったので(笑)、エズだけでなく、アンティーブとか、サン・ポール・ド・ヴァンス、電車に乗ってイタリアのヴェンティミリアまで行ったりもしたもんですが、今はそんなにあちこち行かなくてもいいか、という気になってしまう。バカンスなのに疲れることはしたくないしね。
この旅行から帰った後、テレビでエズに観光客が来過ぎて困っているという話をやっていて、村の細い道にぎっしり人が行きかっている映像を見ました。私たちが前に来た時も同じシーズンだったけど、今写真を見たら他に誰も写っていないのよね。今ではそんな写真は絶対に撮れない。サン・ポール・ド・ヴァンスも同じ状況のようです。元々そんなたくさんの人が訪れるキャパがない村だし、そもそも人が多すぎたら魅力半減だな…。

という訳で、ゆったりと15番のバスに乗ってあっという間に着いたヴィルフランシュ。このバスにもそれなりに観光客はいたけど、ほとんどの人がサン・ジャン・カップ・フェラへ行くようで、ヴィルフランシュで降りる人はそれほどいませんでした。
バスの通っている辺りは新しい建物が並んでいて、海に向かって下っていくと、車の入れない旧市街に辿り着きます。

villefranche1.jpg
旧市街の入口。

かわいいプロバンスカラーの街並み。きれい!静か!そしてほとんど人がいなくてのんびりしてる。エズに行かなくて良かった!

villefranche2.jpg
La Chapelle Saint Pierre

ここに来たかった1番の目的は、このシャペル・サン・ピエール。外も中もジャン・コクトーが手掛けたフレスコ画で覆われています。見学は有料(4€)で写真も禁止、小さな礼拝堂なので丁寧に見てもあっという間に終わってしまうんですが、受付の女性が良かったら説明しますよ、とすごく丁寧に解説してくれました。

villefranche3.jpg
シャペルの後ろはすぐ港。

夏はここも賑わうんでしょうけど、この時期はまだ閑散として良い感じ。

villefranche4.jpg
歴史的建造物に指定されているrue Obscure(闇の道)

14世紀のもので、城壁の下に当たる通路だとか。今はところどころレストランやバーが入っていたりもします。

villefranche5.jpg
道の間から見える青い海。

続く。

ランキングバナー  ランキング参加中!

A man/ある男

映画
02 /16 2024
またまた日本映画。

aman.jpg 「A MAN」
Sortie le : 31 janvier 2024
De : Kei Ishikawa
Avec : Satoshi Tsumabuki, Sakura Andô, Masataka Kubota ...
あらすじ 里枝は大祐と再婚し、子供も生まれ幸せに暮らしていたが、大祐は事故で急死してしまう。ところが、疎遠になっていた大祐の兄が葬儀に現れ、遺影の男は弟ではないと言う。里枝の夫だった男は一体誰だったのか、弁護士の城戸に調査を依頼する…。

妻夫木聡のアップのポスターで、「ある男」は彼なのかと思っていたら弁護士だった(笑)。この話ってでも彼が主役ってことになってるのね。まあ謎解きをしていくのは城戸だけども、話の中心は偽物の大祐でしょ。安藤サクラ、フランスにいると日本の女優はこの人しかいないのかと思うぐらい出まくってますね。こちらに来ている映画が日本でのヒット作とは限らないけど。個人的には小藪千豊のキャラはまりました。新喜劇で大きくなった関西人としては、彼の大阪弁聞くだけで笑えます。あと、柄本明!息子たちが活躍していて、お父さんを見ることは少なくなったけど、相変わらずの怪演ぶりで安心しました。
で、この映画、小説が原作だけあって構成がしっかりしていて最後まで楽しめました。結構登場人物も多いけど、ごちゃごちゃせずにどの場面もそれぞれ面白くて。カンヌ組に比べると遅かったけど、それでも1年ちょっとで公開だから、前に比べたら早く観られるようになって嬉しい。

ランキングバナー  ランキング参加中!

続々開花

庭しごと
02 /15 2024
暖かいのでどんどん花が咲き始めました。

jardin5_20240221210754e4e.jpg
小さい方の水仙。今年も1輪だけ。

jardin6_202402212107553bc.jpg
ヒヤシンスは茎が伸びずモコモコのまま。倒れなくていいけど。

jardin7_20240221211118c1a.jpg
青い方は普通に伸びたんですが。

jardin8_202402212108598e8.jpg
マルグリット復活しました!

夏暑すぎて枯れそうになったので鉢植えに戻して日陰に置いておき、冬は中に取り込んでやり過ごし、何とか復活。結構手間かかるんですよね。しかも茎が木質化して下の葉が落ちてくるので、新しい株に更新しないといけないし。

jardin9_20240221210859dd4.jpg
小松菜の花が咲きました。

水菜はびっしりアブラムシが付いているので、種が取れるかどうか分からないけど、小松菜はやたら元気。庭に植えっぱなしでろくに食べなかったんだけど(-_-;)
人間よりカタツムリの方がたくさん食べたな(笑)

この辺は2月に咲くのが普通だけど、今年はネクタリンの花がもう咲きそうな勢いなので慌ててボルドー液を散布。雨が降る前にできて良かった。このままもう春になるのかなあ…。

ランキングバナー  ランキング参加中!